大仰型アスペルガーASDとは何か?特徴や性格などを考察

大仰型アスペルガーASD
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

今回はツイッターで少し話題にした大仰型アスペルガーASDについての解説をしていこうと思います。

大仰型アスペルガーASDとは何か?

大仰型アスペルガーとは言動が仰々しく馬鹿丁寧な言葉遣いをするタイプと言われています。

少し昔のステレオタイプなオタクのイメージが近いかと思われます。

親しい友人に対しても馬鹿丁寧な言葉遣いをしているようなイメージです。

大仰型アスペルガーはなぜ仰々しく馬鹿丁寧な言葉遣いをするのか

大仰型アスペルガーはアスペルガー特有の感情理解の欠如を補うために言葉遣いを丁寧にすることで環境に適応していったタイプだと考えられます。

コミュニケーションにおいて感情理解が欠如しているのでバカ正直にストレートに発言してしまい周りの人に怒られると言った経験を積んだアスペルガーがどうすれば怒られずに済むかと考えた結果とりあえず丁寧に喋れば怒られる可能性は低くなるという思考過程を経て大仰型アスペルガーになると思われます。

大仰型アスペルガーと敏感系鈍感系理論

私の理論にアスペルガーには他人の感情に対して敏感系と鈍感系の2つに分かれるというものがあります。

基本的に大仰型は敏感型に属すると考えられます。

そもそも他人の感情に敏感でなければ怒られないようにしようなどという考えには至らないからです。

ですので他人の感情に興味がないもっと言えばそもそも理解できない鈍感系は自分が怒られようが構わずに自己主張をするので大仰型になり適応する必要はないため、基本的には大仰型は敏感系アスペルガーであると思われます。

大仰型アスペルガーが多いのは積極奇異型と孤立型ではないかという考察

大仰型に多いのは一般的には孤立型と言われています。

孤立型の派生が大仰型と説明しているところもありますが私は積極奇異型、受動型の中にも大仰型はいると考えています。

ただし受動型で大仰型はおそらく少ないと思われます。

私の理論を使えば敏感系積極奇異型と敏感系孤立型の中にほとんどの大仰型が含まれていると考察しています。

私は既存の積極奇異型、受動型、孤立型、大仰型、尊大型という区分けよりも、敏感系積極奇異型、敏感系受動型、敏感系孤立型、鈍感系積極奇異型、鈍感系受動型、鈍感系孤立型という分類をしたほうがわかりやすく実態をつかめていると考えています。

大仰型とは相手の感情に敏感すぎてどうやってそれを克服しようか考えていった結果丁寧な言葉遣いをすればトラブルは起きにくいと学習していった敏感系アスペルガーと言えます。

よって敏感系アスペルガー三種の中に大仰型は含まれていると考えられます。

積極奇異型大仰型アスペルガーと敏感系積極奇異型アスペルガー

敏感系積極奇異型の特徴を上げると他人と積極的に関わりたく思っているがアスペルガー特有のコミュニケーションの問題を持っていてうまくやり取りする事ができずに相手の感情を気にしておどおどして奇妙な言動をしてしまう最近で言うコミュ障タイプの人だと言えるでしょう。

このタイプが他人とうまくコミュニケーションするには馬鹿丁寧な言葉遣いをしていけばとりあえず怒られないという学習をしていった結果仰々しく馬鹿丁寧な大仰型と呼ばれるタイプになっていくと思われます。

なので私的には大仰型という言い方よりも敏感系積極奇異型と表現するほうがわかりやすいと感じています。

孤立型大仰型アスペルガーと敏感系孤立型アスペルガー

孤立型の中にも大仰型が多くいると感じます。

敏感系孤立型は他人と極力関わりたくなくさらに他人の感情に敏感なのでなるべく他人行儀に馬鹿丁寧に振る舞いがちだと思われます。

問題を起こしたくないから馬鹿丁寧に話すということと相手との距離感を近づけたくないので他人行儀な仰々しい言葉遣いになっていくと考えられます。

受動型大仰型アスペルガーと敏感系受動型アスペルガー

私が思うにこのケースは稀だと思います。

他人に合わせてしまう受動型はコミュニケーションの表層はうまく取り繕うことができるので変に仰々しくなるということはなく一見してアスペルガーであるということがわかりにくい特徴を持っていると思われるからです。

大仰型アスペルガーとはなにか最後にまとめ

大仰型アスペルガーとは他人の感情に敏感すぎる敏感系積極奇異型アスペルガーと敏感系孤立型アスペルガーがメインのタイプだと思われます。

個人的には大仰型という表現よりも敏感系積極奇異型、敏感系孤立型という分類法のほうがよりロジカルでさらに筋も通っていてわかりやすいのでこちらを採用するほうがアスペルガー理解がしやすいと感じています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
大仰型アスペルガーASD
アスペルガー研究家マスペルをフォローする
テアニン系睡眠サプリ価格ランキング
快眠りずむ

1日あたりのテアニン含有量は200mgで1月あたり2637円+送料648円で3285円です。
通常価格2930円を定期購入にすると1月あたり2637円+送料で3285円と他のテアニン系よりもお手頃になっています
さらに定期購入だと初回限定価格で1月分は1000円かつ送料無料に割引されます。
テアニンだけでなく様々なハーブが入っているのもポイントです

テアニン快眠粒

1日あたりのテアニン含有量は200mgで1月あたり3720円です。
通常価格を3か月まとめて購入コースだと1月あたり3720円に割引になります。
また3か月定期購入コースだと初回限定で初回は無料になります。
毎月定期購入コースだと1月あたり3840円で初回は980円に割引されます。
テアニンに特化したサプリなのでテアニンのみの効果を感じてみたい人へおすすめです。

快眠プラス

1日あたりテアニン含有量は200mgで1月あたり3960円です。
通常価格4400円のところ定期購入だと1月あたり3960円に割引され初回限定で1000円に割引されます。
快眠プラスはテアニンをメインとしてGABAなど他の睡眠に効果が期待される成分も配合されています。

グッドナイト27000プラス

L-テアニン200mgとGABA28mgを中心に他にも値段が上がる分さらに睡眠に効果の考えられる成分が多数配合されています。
価格は1月あたり5184円です。
通常価格6000円を定期購入すると5184円に割引され初回限定で990円に割引されます。

楽睡

テアニン配合量は断トツの300mgです。ほかのサプリが効果がなかったという方、買うなら配合量が多いほうがいいという方にはおすすめできそうです。テアニン配合量に比例して値段も上がっていくようで、通常価格7000円+送料350円ですが初回サービスで2940円で試してみることができます。そのまま定期購入を続ける際は5950円で購入することが可能です。

孤立型アスペルガー症候群研究所 ASPERGERS;GATE

コメント

タイトルとURLをコピーしました