今政治界隈・陰謀論界隈では何が起きているのか初心者向けにアスペルガー的に解説を試みる

アスペルガーによる社会批評
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

今回はアスペルガーによる社会批評として今現在政治的・陰謀論的に何が起きているのかを初心者向けにわかりやすく解説することを試みようと思います。

今現在政治的・陰謀論的に何が起きているのかを初心者向けにわかりやすく解説する理由

なぜそのようなことをするかと言うとこういう陰謀論的な話は一部のマニアがディープに話しているだけで知識のない人はついてこれないと思ったからです。そして少しでも多くの人に興味を持っていもらいアスペルガー(インディゴチルドレン)が自分の本来の役目(古い価値観により機能不全を起こした社会の破壊)に目覚める手伝いをできたら良いなと思ったからです。

私自身も陰謀論好きなので陰謀論について語りだすと専門的な用語ばかりになり知識のない方にとっては理解し難いと思うのでできるだけ既存のワードを使わないで平素な文章で書くことを心がけていきます。

陰謀論好き特にアスペルガーの場合は自分の知っている子難しい用語で語って知識をひけらかすのが好きですが敢えてそれを封じて初心者にもわかりやすい話ができればいいと思っています。

この世界の支配者は誰かアスペルガー的に考察

まず今までの世界を支配していたのは誰かということですが資本主義社会というのはお金主義社会と言いかえられるのでお金を持っている人が支配者になれるということです。

しかもお金の不思議な性質としてお金を持っている人ほど更に多くのお金を得られる仕組みになっています。

お金を持っているだけで利息で利益を得られるというのは典型的でしょう。持てるものはより多く持ち、持てないものは更に失うと言えます(先ほどと逆に借金の利息でドンドン借金は増えていく)。

働かざるもの食うべからずという支配者にとって都合のいい洗脳

資本主義社会つまりお金主義社会では上に行くほど働かずに持っている金の利子で生活しています。

お金を持っていればいるほど勝手に増えるわけですから働く必要もなくなるわけです。

上に行けば行くほど働かざるして食っていけることになるといえます。

そして支配者は富をどこから吸い上げているかと言うと働かざるもの食うべからずという洗脳をした民衆から負債や借金の利子を得て働かざるして生きているのです。

支配者層は自分たちに民衆の矛先が向かないように様々な事件をでっち上げてると言われています。

アメリカのトランプ大統領が大手ニュースメディアをフェイクニュースと声高に何度も言ったこともこれと関係しています。

マスメディアも所詮は株式会社なので株主に支配されているわけですから、先ほどの裕福な支配者たちに都合のいいニュースばかり流していると言えます(つい先日トランプ大統領のロシア疑惑がマスメディアによるフェイクニュースだと判明したのは記憶に新しいかと思います)。

さらに支配者層は自分たちに民衆の敵対心が向かないように様々な工作活動で民衆VS支配者にならないように民衆VS民衆になるような対立構造を作り煽っています。

彼らは世界の富の殆どを持っているがその人数は非常に少ないので民衆が自分たちへ敵対心を持つことを恐れているのです(情報によりまちまちですが80~99%の富が1%の富裕層に集中しているとも言われています)。

なので右翼VS左翼、キリスト教VSイスラム教、男性VS女性、日本VS近隣諸国、社畜VSニートなどなどといった民衆VS民衆の分断工作をして本当に戦うべき敵である支配者はその潰し合いを上から見て安心しているというのが現実です。

現代社会は明らかにおかしいです。

みんな懸命に働いているにもかかわらず、どんどん貧困問題は広がっています。

この原因が一部の支配者層に富を吸い取られているから働いても働いても貧困が広まり抜け出せない理由です。

なので民衆である私達(特に古い社会を改革するために生まれてきたとスピリチュアル界では言われているインディゴチルドレン=アスペルガー)は本当に戦うべき敵を見ないといけません。

民衆同士仲間同士で争っていると支配者の思う壺です。

アスペルガーは優しさと強い闘争心の二面性を持って生まれてきたと言われています。

つまり優しい世界へとするために古い劣悪な社会の支配者層と戦うためにこのような性質を持って生まれてきたと言われています。

多くのアスペルガーは民衆VS支配者層へと使うべき闘争心をこの民衆VS民衆に無駄遣いしてしまっている人が多いと思います。

最近の世界各国でのデモは民衆VS民衆ではなく民衆VS支配者層が始まったことを示しています。

特にフランスのイエローベスト運動は他の国にも飛び火し民衆の支配者層への抵抗運動として大きな広がりを見せています。

支配者層とは具体的にだれなのか

民衆VS支配者層の構造にしなければいけないと言われると支配者層とはだれなのかと疑問に思う方もいるかも知れません。

支配者層とは先ほどまでに既に出てきたフェイクニュースを流すマスメディアのほか通貨発行権を持ち自分の好きなように紙幣を生み出すことができる銀行家、戦争を起こすことで武器を売りつけ利益を得ている戦争屋などがメインの支配者層と言えます。

民衆VS民衆から民衆VS支配者層という変遷についてさいごに

私の話は一旦これで終わりにしますが、この話も鵜呑みにしないで自分自身で情報を調べていってほしいと思います。

このような話は根拠のない陰謀論だというレッテルを貼られるような話なので尚更慎重に情報を取捨選択してほしいと思います(陰謀論というワード自体支配者層が自分に都合の悪い真実を言う人を頭のおかしい信頼の足らない人であると思い込ませるために作られたという経緯があるようです)。

私の情報も所詮は私というフィルターを通した情報に過ぎないので自分自身で正解を見つけていってほしいと思います。

最後に私が個人的に信頼をおいているQという組織に動画を置いておきます。

これも信じるかどうかは自分の判断で鵜呑みにせずに見ていってほしいと思います(日本語字幕はデフォルトだと出てないようなので字幕の日本語を選んでください)。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました