双極性障害・統合失調症と薬物中毒の類似性について考察

精神障害全般
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

双極性障害と統合失調症は薬物中毒状態と類似性があると私は思っています。

双極性障害と統合失調症は薬物中毒状態と類似性がある

薬物を利用した場合ドーパミンが過剰に分泌されハイテンションになったり幻覚が見えたりするなどとよく言われますがこれはまさに双極性障害や統合失調症の状態と同じではないかと思えます。

そして薬物中毒の場合薬物が切れると精神が安定しなくなりまた薬物が欲しくなります。これも双極性障害のうつ状態、統合失調症の陰性症状と同じであると考えられます。

つまり双極性障害や統合失調症は自然に脳内麻薬物質が過剰に分泌されてしまう病気だと考えるとスッキリと説明できます。

双極性障害や統合失調症は自然に脳内麻薬物質が過剰に分泌されてしまう病気という仮説

一般的には双極性障害と近いのはうつ病だと言われていますが、効果のある薬の種類の被りなどを考えても双極性障害は統合失調症に近い病気だと考えられます。

うつ病は単にセロトニンが減りうつ状態になるという病気で双極性障害や統合失調症はドーパミンが過剰分泌されその後枯渇状態になり反動でうつ状態になると考えるのが当事者としても一番しっくりきます。

躁状態の時にエネルギー(ドーパミン)を使いまくり枯渇してうつ状態になりしばらくエネルギーが溜まるのを待ち溜まってきたら躁状態に再びなるというのが双極性障害当事者の感覚として正確かなと感じます。

そう考えると統合失調症の陽性症状でエネルギー(ドーパミン)を使いまくり枯渇して陰性症状になりエネルギーが溜まるのを待ち溜まってきたら陽性症状に再びなると推論できます(当事者ではないのであくまで推論の憶測ですが)。

やはりこういう上下のサイクルを繰り返すあたりもうつ病よりも統合失調症のほうが双極性障害に近いと言えそうです。

今後も双極性障害と統合失調症の類似性について考察していこうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
精神障害全般
アスペルガー研究家マスペルをフォローする
テアニン系睡眠サプリ価格ランキング
快眠りずむ

1日あたりのテアニン含有量は200mgで1月あたり2637円+送料648円で3285円です。
通常価格2930円を定期購入にすると1月あたり2637円+送料で3285円と他のテアニン系よりもお手頃になっています
さらに定期購入だと初回限定価格で1月分は1000円かつ送料無料に割引されます。
テアニンだけでなく様々なハーブが入っているのもポイントです

テアニン快眠粒

1日あたりのテアニン含有量は200mgで1月あたり3720円です。
通常価格を3か月まとめて購入コースだと1月あたり3720円に割引になります。
また3か月定期購入コースだと初回限定で初回は無料になります。
毎月定期購入コースだと1月あたり3840円で初回は980円に割引されます。
テアニンに特化したサプリなのでテアニンのみの効果を感じてみたい人へおすすめです。

快眠プラス

1日あたりテアニン含有量は200mgで1月あたり3960円です。
通常価格4400円のところ定期購入だと1月あたり3960円に割引され初回限定で1000円に割引されます。
快眠プラスはテアニンをメインとしてGABAなど他の睡眠に効果が期待される成分も配合されています。

グッドナイト27000プラス

L-テアニン200mgとGABA28mgを中心に他にも値段が上がる分さらに睡眠に効果の考えられる成分が多数配合されています。
価格は1月あたり5184円です。
通常価格6000円を定期購入すると5184円に割引され初回限定で990円に割引されます。

楽睡

テアニン配合量は断トツの300mgです。ほかのサプリが効果がなかったという方、買うなら配合量が多いほうがいいという方にはおすすめできそうです。テアニン配合量に比例して値段も上がっていくようで、通常価格7000円+送料350円ですが初回サービスで2940円で試してみることができます。そのまま定期購入を続ける際は5950円で購入することが可能です。

孤立型アスペルガー症候群研究所 ASPERGERS;GATE

コメント

タイトルとURLをコピーしました