食事療法で治療「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル(自閉症スペクトラム障害ASD対応)」

メンタルヘルス
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

アスペルガーは食事療法で治療・改善できる!アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル(自閉症スペクトラム障害ASD対応)の主張

またひとつ興味深そうなアスペルガー・自閉症ASDの治療法を見つけました。。

それが記事タイトルにもある「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」です。

結論から言うと食事療法をして精神を整えその後に心理療法を自分で行いアスペルガー・自閉症スペクトラムASDを改善させていくというものです。

さらにアスペルガー・自閉症スペクトラムASDだけでなくADHDにも効果があるそうです。

制限される食事の内容から大人でないと難しいのでほぼ大人用アスペルガー治療のマニュアルとなっています。

説明文を見る限りかなりの数の人に実践、体験をしてもらい効果がある食事療法のようです。

これは期待が出来るのではないかと感じています。

現代医学では治ることはないと言われているアスペルガー・自閉症スペクトラムASDを改善させてきたという実績

また現代医学では治ることはないと言われているアスペルガー・自閉症スペクトラムを改善させてきたという実績があるようというのもポイントです。

医学では治らないとされている発達障害ですが、その治らないとされる現代医学の常識には影響されず臨床結果と臨床経験を基にしてアスペルガー改善の最前線の改善方法として書かれています。

ですから病気ではないから治らないとか、脳機能の障害だからしかたないなどの考えは一切ありません。それに治すことを目的としていない療育や行動分析のような対処法のマニュアルでもありません。

純粋にアスペルガーや発達障害の方の症状を根本から改善するためのマニュアルとなっています。

引用:アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル(自閉症スペクトラム障害ASD対応)

病気ではないから治らない、脳機能の障害だからしかたないといった言葉で終わりがちな発達障害、アスペルガー・自閉症スペクトラムASD、ADHDに対して症状を根本から解決するマニュアルと言い切っているからには実績と実証例と自信があるのだろうと感じます。

現代医学的には脳の機能障害でどうしようもないとされているアスペルガーを食事療法で改善できるという主張は本当なら興味深いものです。

ほとんど99%と言っていいほどの情報ではアスペルガー・自閉症スペクトラムASDは先天性の脳機能障害であってどうしようもないという意見が占めている中、アスペルガー・自閉症スペクトラムASDは治ると言ってもらえるだけで救いになります。

「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル(自閉症スペクトラム障害ASD対応)」のメインの療法は心理療法

色々と食事療法と薬について話してきましたが最初の書いた通り実は本マニュアルはただ食事療法をすれば治ると言っているのではなく食事療法で精神を整えたあとにある心理療法をすることでアスペルガー・自閉症スペクトラムASDを改善していくというものなのです。

そして私は本マニュアル購入後に知ったのですがこの心理療法はこのマニュアルを知る前から私も実践していて効果があると感じていたものでした。

その点からもおすすめできます。

一般的なアスペルガーや発達障害についての知識として学びたい方は、書店で書籍を購入するかインターネットでアスペルガー症候群や発達障害について調べられることをおすすめ致します。

そしてこのマニュアルは、その一般的な現在の医学や常識では説明できません。
医師や専門家も知らない、関知できない本当のアスペルガーの情報が多く含まれています。
そしてそのアスペルガーの症状を改善する目的のためだけに作られているのです。

より本当のアスペルガーを知り、改善するための改善マニュアルとなっております。

引用:アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル(自閉症スペクトラム障害ASD対応)

心理療法をメインとしているので心理学的な話が多いマニュアルです。

特に多いのは機能不全家族やアディクション(依存症)アダルトチルドレンや虐待の連鎖の話がかなりの量割かれています。

現代医学では軽視されている親子関係などをアスペルガー・自閉症スペクトラムASDの原因の一つだと、数多くのカウンセリングをしてきた中で著者は気づいたそうです。

親が依存症で機能不全家族になりアダルトチルドレンになることがアスペルガーASDと密接に関係すると分析しています。

私もアスペルガー・自閉症スペクトラムASDと環境要因には関係があると感じていたのでこの考えには賛同します。

発達障害家系には発達障害が多くなり健全な情緒的交流がしにくいのではないかと考察しています。

このような経緯で食事療法だけでなく心理療法が必要であるという考えに至ったようです。

さらに治療方法が精神療法であることにも薬物療法や食事療法のような一時的な治療法ではなく根本的にアスペルガー・自閉症スペクトラムASDの問題を改善するものだという希望があります。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル(自閉症スペクトラム障害ASD対応)

それではアスペルガーADHD発達障害改善マニュアル(自閉症スペクトラム障害ASD対応)の詳細が気になった方は上記から詳細をご覧ください。

コメント

  1. […] 「アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル」について考察 […]

タイトルとURLをコピーしました