強迫性障害の治し方改善法鈴木式強迫性障害・強迫神経症改善プログラムの紹介

メンタルヘルス
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

強迫性障害の治し方改善法【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッドの紹介前回のメソッドに続き強迫性障害の改善法について考察していきます。

東洋医学の専門家による1日8分でできる強迫性障害についての対応マニュアル

前回のマニュアルが潜在意識に働きかけるものだったのに対して今回のマニュアルは東洋医学の専門家による1日8分でできる強迫性障害についての対応マニュアルだそうです。

  • 何かに触れると手が汚れたのではないかと気になり、何度も手を洗う
  • 手だけでなく、身体の汚れまでが気になり、シャワーやお風呂に何度も入る
  • やっても意味の無い事だと分かっているのに、やらずにいられない
  • お風呂に入ったり、掃除をすることが不潔に感じる
  • 外出などの時、ガスの元栓や、窓、鍵の閉め忘れが気になり、何度も家に戻り確認する
  • 外を歩いていると、他の子供や赤ちゃんなどに暴力をふるってしまうのではないかという不安に恐怖心を抱いている
  • 自分で自分を傷つけてしまうのではないかという不安が常にある
  • 自殺してしまうかもしれない恐怖感を常に持っている
  • 検査もしていないのに、大きな病気、死ぬような病気になってしまう、あるいはなってしまったと思い、それが恐怖になっている
  • お寺や神社で、不道徳な良からぬ気持ちが芽生えてしまう
  • 机や家具の上に置いてあるものが自分の定めた位置と少し違うだけで不安になり、きちんと元に戻そうとする
  • 不要品でも間違って捨ててしまうかもしれな不安から、何も捨てられないでいる

 
もしあなたが、このような症状で悩み、それが言いようのない苦痛だと感じているのでしたら、5分間だけ、この手紙を読んでみてください。

東洋医学と臨床心理学の両面から、多くの強迫性障害で悩む人を改善に導いてきた私が”強迫性障害を改善する方法”をすべてあなたに教えます。

参照:鈴木式 強迫性障害・強迫神経症改善プログラム

上記のようにこちらのメソッドは東洋学と心理学を基本としたもののようで前回とはまた違う手法のようです。

一般的に強迫性障害の治療というと、「薬物療法」と「認知行動療法」が挙げられます。

薬物療法とは、ご存じのようにお薬を使って治す方法です。

認知行動療法とは、まず病気の原因や仕組みを理解させ、治療は怖くないことを教える認知療法と、患者さんが行動を起こさせないようにする行動療法を合わせたものです。

そして、この2つの治療法を同時に行うと効果があると言われています。

しかし、強迫性障害の薬物療法は、人によって効き目が表れるまでに何カ月もかかる場合があり、もっと早く効果を得ようと効き目の強い薬を飲むと、副作用が強いため、途中で止めてしまうケースがほとんどです。

しかも徐々に薬を増やしていき、徐々に減らしていかなければならないという、他の薬以上に手間暇がかかるという、デメリットもあります。

認知行動療法は最も効果的な方法でうつ病の治療にもその効果を発揮しています。

しかし問題は、薬物療法と同じで、この方法だけでは、効果が出るまでに時間を要するということです。

つまりこれらの方法は、両方同時に行っても、ひとつだけ行っても、効果が出るまで、他の心の病よりもはるかに期間を要するため、その間も苦痛に悩まなければならないという最大の欠点があるのです。

ですがもし、ここに

1日8分、ある4つのステップを踏むだけで、7日間で気持ちがリラックスし、苦しんだり悩んだりすることなく、強迫性障害を改善する方法があるとしたら、あなたも試してみたいと思いませんか?

参照:鈴木式 強迫性障害・強迫神経症改善プログラム

前回のメソッドが効果が出るまで数週間なのに対してこちらのメソッドは数日から1週間で効果が出るというところも大きな違いかなと思います。

鈴木式 強迫性障害・強迫神経症改善プログラム

どちらのメソッドがご自身に合いそうかよく検討してみるといいかと思います。

参考になりましたら押してもらえると励みになり嬉しいです!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました