次の選挙で起こりうると予測されることを考察

アスペルガーによる社会批評
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

正直他人の目に敏感な敏感系アスペルガーとしては政治というセンシティブな分野で自分の立場を明確にするのは勇気がいることですが、自分の考えを書いていこうと思います。

私の推察では世界的な傾向から言って政権交代が起きる可能性が高いと思います。

日本で政権交代は起きるか?

しかもこの政権交代というのは今までの二大政党制により2つの勢力のどちらかからどちらかへ単純に権力が移るのではなく、今回は1%の富裕層から99%の民衆へと権力が移ることだと予測されます。

世界の政治の潮流を見ていれば明らかに既得権益で甘い汁を吸っていた支配者層である富裕層が民衆によって引きずり降ろされてる展開となっています。

どう考えても今の政治や社会がそのままでOKだと言える人は少ないと思えます(そう思えるのは現体制の中で甘い汁を吸えている1%の支配者層だけだと思われます)。

仮に政権交代が起こらなくても権力は移行する可能性が高い

陰謀論では現体制が支配者層側から民衆側に寝返ったことによって政権交代なくして民衆へ権力が戻るともいわれていますが、個人的にはそれではわかりにくいと感じるので思いっきりわかりやすく政権交代をしてほしいという願望があります。

アメリカのトランプ革命にフランスのイエローベスト運動、香港デモなど旧支配者層VS民衆の構図は着実に世界で広がっているのでこの流れに乗って日本も新たな民衆が主役の時代を築いていってほしいと思います。

短い社会批評という感じになりましたがこのあたりで終わらせていただきます。

ご覧にいただきありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました