アスペルガーとアダルトチルドレン・機能不全家族の関係はあるのかないのか

メンタルヘルス
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

大手の発達障害サイトではアスペルガー・発達障害と親子関係の問題は関係なく先天的な遺伝性疾患であると語られています。

しかしアスペルガーADHD発達障害改善マニュアル(自閉症スペクトラム障害ASD対応)でははっきりとアスペルガーと機能不全家族・アダルトチルドレンの関連性を語ってくれています。

そもそもアダルトチルドレンと機能不全家族とは

アダルトチルドレンと機能不全家族をよく知らないという方もいるかもしれないので説明します。

アダルトチルドレンの元々の定義はアルコール依存症の親を持つ家庭で育った人のことをアダルトチルドレンと言っていました。

時代が経つごとにアルコール依存症以外の依存症や性格的に問題のある親がいる家庭で育った人がアダルトチルドレンと呼ばれるようになりました。

大手の発達障害サイトの発達障害は親の責任ではないという論調

大手の発達障害サイトではこのような問題はスルーをしてアスペルガーや発達障害は親の責任ではない先天的な障害であると言い切っているところが多いです。

一方アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル(自閉症スペクトラム障害ASD対応)で数多くのカウンセリングの結果改善をさせている人が改善可能だと言っているは改善をさせることが出来ない大手の発達障害サイトよりも説得力があると思われます。

客観的に見ても発達障害家系というのは存在しますし遺伝子以外の家庭環境の伝染とでもいえばいいのかそのようなものは確かに受け継がれているように思えます。

発達障害に親子関係や教育法が関係ないというのはさすがに無理があると思います(一卵性双生児でも発症率が一致しないことからも完全な先天性疾患という言説は破綻しています)。

きちんとこういったある意味発達障害者が触れられたくない部分にあえて触れてくれているアスペルガーADHD発達障害改善マニュアル(自閉症スペクトラム障害ASD対応)は誠実な対応をしていると感じるので、実践し効果を報告していこうと思います。

それではご覧いただきありがとうございました。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル(自閉症スペクトラム障害ASD対応)

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました