たまには尖った記事「今後宇宙人は現れるか」について本気で考察

アスペルガーによる社会批評
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

がっつりオカルト・陰謀論寄りの話

今回はがっつりオカルト・陰謀論寄りの話になるので好きな方だけ読んでもらえればなと思います。

宇宙人だなんて馬鹿な話だと思っている人は地動説だなんて馬鹿な話だと思っている天動説派と同じかもしれないですよと忠告をして話を始めていきます(マスコミがバカにするものほど真実が隠されているというパターンは多いと思われます)。

まずオカルト・陰謀論好きな私が色々なところから集めた情報を統合させて話をしていくのでいちいちソースは○○といったようにはしないのでキーワードで皆さん自分自身で調べてみてください。

まず宇宙人はいるのかいないのかという話をすべきでしょうが、はっきり言って今後の話は宇宙人はいるという前提の元の話になるのでここでは議論はしません。

無条件に宇宙人はいるという前提で話を進めていきます。

宇宙人にはポジティブ側とネガティブ側がいる

ポジティブ側の宇宙人なは愛と平和と平等と公平な世界にしたいと思っておりネガティブな宇宙人は支配と隷属、貧富の格差による搾取システムを維持したいと思っており今世界政治ではこの二大勢力の代理戦争が起こっている状態だと言えます。

代表的なのはやはりトランプ大統領でしょう。

彼のバックにはポジティブな宇宙人がいると言われています。

これはトランプ以前の旧支配者層がネガティブ側の宇宙人と手を組んでいたのと大きな違いです。

またプーチンのバックにもポジティブな宇宙人がいると言われています。

トランプとプーチンの関係が比較的良好なのもバックに同じ宇宙人がいるからだと言えそうです。

旧支配者層はなぜ宇宙人の存在をバカげた頭のおかしなオカルティスト陰謀論者の妄想にしたがるのか

これは表の論調では宇宙人の存在が明るみに出ると旧来の宗教観が変わってしまう(特にキリスト教圏)というのが理由とされていますが、実際は宇宙人つまりUFOという技術が明るみに出ると石油エネルギーや原子力エネルギーを独占している旧支配者層がクリーンで安全なフリーエネルギーにすべてを奪われることになってしまうので必死にUFOの存在を隠していると言われています。

しかしポジティブな宇宙人はそのようなエネルギーを与えることでクリーンで公平な世界をもたらしたいと思っているので最近UFOの目撃談が増えているのだと言われています。

今後さらにUFOの目撃談など増えていくことも予想されますし。トランプ大統領が宇宙人について言及する日が来るかもしれません。

またさらにフリーエネルギーに加え何でも作り出せる3Dプリンターのレプリケーターと呼ばれるものが存在していてそれがあれば人々は労働をする必要がなくなってしまい人類を隷属化させるというネガティブ側の宇宙人にとって都合の悪いものなのでこの技術もひた隠しにしているようです。

最後にUFO開示には協力的と思えるロシアの元首相メドベージェフの言葉を引用して終わりにしようと思います。

メドベージェフ氏は神妙な面持ちで話し始めた。「大統領に就任すると、(核兵器の使用を許可する通信機器の)『核のボタン』と一緒にある特別なファイルを受け取ることになる。表紙には『極秘』と書かれている。それは、地球にやってきた宇宙人に関するものだ」

女性司会者はニヤニヤするが、メドベージェフ氏の表情は険しい。「それともう一つ、報告書も受け取る。もちろん、それも完全非公開。何かというと、我が国にいる宇宙人たちを管理している特殊機関のものだ。つまり、大統領は『核のボタン』とともにその2つを前任者から預かるのだ」

メドベージェフ氏はこうも付け加えた。「これ以上の詳しい情報を知りたければ、有名なドキュメンタリー映画『メン・イン・ブラック』を見なさい」

司会者は笑うが、メドベージェフ氏はいっこうに表情を崩さない。

「地球にはどのくらいの宇宙人がいるのでしょうか」。司会者が問うと、メドベージェフ氏は答えた。「それは言えない。もしそんなことを明かしたらパニックになるから」

ロシアも極秘にUFO調査? メドベージェフ大統領(当時)が5年前に語った「秘密」を振り返る

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました