吃りを直す方法・吃音(どもり)を克服改善プログラムについて考察

メンタルヘルス
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムについて考察について考察していこうと思います。

吃り・吃音と発達障害・アスペルガー・自閉症スペクトラムは併発することも多いと言われているので本プログラムを紹介することにしました。

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムについて

これまでに300名以上の吃音者を救ってきたという実績があるようです。

そして6週間以内に吃音(どもり)改善を実現する特別プログラムだそうです。

1日わずか20分~30分程度のある簡単な(しかし特別な)エクササイズを、6週間、ご自宅で、お一人で、空いた時間に行うというのが本メソッドのようです。

テキストとビデオで構成された完全なセルフワークプログラムですので、誰かと顔を合わせることはないというのも悩んでいる方には安心ですし、特殊な器具や機械などを使用することもないのも手軽で良い点といえます。

用意して頂くのはノートとペン、それとエクササイズの時間だけです。

プログラムをスタートして6週間後、あなたは吃音(どもり)を改善しており、人との会話を心から楽しめる充実した人生を満喫していることでしょう。

中々簡単には改善しないイメージの吃り・吃音が6週間で改善するなら素晴らしいことではないでしょうか。

更にメソッド内容も数十分ノートとペンさえあれば出来る手軽メソッドなのがやりやすくていい点だと思います。

参考:【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

作者が吃り・吃音を改善させるきっかけとなった話

次に作者が吃音を改善させるきっかけとなった話について紹介します。

作者はとあるセミナーに参加し、それは「潜在意識をコントロールするスキルを身につけ、ビジネスに、人生に活かす」というコンセプトだったのですが、それは今までに聞いたこともないような衝撃的な話ばかりだったようです。

ただ作者にとっては、別の意味での衝撃が大きかったそうです。

というのも、“潜在意識をコントロールする”という部分が、吃音の性質や改善と本質的に直結していて、作者の(吃音者の)長年の疑問を全て打ち消してくれる内容だったからだそうです。

そして吃音者になってしまった原因や吃音を治そうと思えば思うほど悪化(強化)してしまう吃音の真の正体、「不治の病だ」と言わしめた吃音の改善法など吃音を改善するために必要な全てを私が理解するまでに、そう時間はかからなかったそうです。

作者は潜在意識の問題が吃り・吃音の原因であると気づき改善法などの開発まで行っていったそうです。

参考:【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

吃り・吃音を改善する唯一の方法

作者曰く結論から云いますが、吃音を改善する唯一の方法とは、悪い形で定着してしまった”認識”をぶち壊し、それに代わる新しい認識を、あなたの”脳に直接インストール”し直すことだそうです。

簡単に言うとこのような感じなのですが、言うほど簡単ではないようです。

あるメソッド(方法)を知らなければ一度潜在意識に定着してしまった認識を入れ替えるという作業は、とても難しい事なのです。

確かに人間の心(潜在意識)は簡単には変わりません。

作者は、吃り・吃音に関する正しい知識を得る事ができました。

最先端の心理学や脳科学を死に物狂いでメンターから盗みました。

使えない机上の学問ではなく、ちゃんと実践で使える生きた”ノウハウ群”です。

この方法を上手く使えば、吃音だけでなく、潜在意識に内在した”いらない認識”を面白いように”書き換える”事ができます。

言い方を変えると、自分自身を、理想的な自分に変化させることが自由にできるようになるのです。

これを吃音に活かす事こそが、私の改善メソッドなのです。

自分自身の潜在意識を理想的なものに変化させるメソッドということなので吃音以外にも適用できるメソッドだといえます。

ですが本メソッドは吃音にフォーカスした教材なので吃音の方におすすめできます。

参考:【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

ここまで読んで気になった方は【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの詳細をご覧になってみてはいかがでしょうか。

参考になりましたら押してもらえると励みになり嬉しいです!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました