【atGPジョブトレIT・Web】無料でデジタルハリウッドWebデザイナー講座を受講できるWebデザイン専門の就労移行支援評判も紹介

アスペルガーASD全般
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

デジタルハリウッドWebデザイナー講座×障害者転職支援業界No1atGPの就労支援による障害者の方のためのWeb・IT就労移行支援サービスの紹介

Webスキルと働くためのベースを身につけたいあなたを強力バックアップ。
デジタルハリウッドWebデザイナー講座×障害者転職支援業界No1atGPの就労支援による障害者の方のためのWeb・IT就労移行支援サービスを見つけたので紹介します。

Webデザイナー講座費用

通常講座費用 約¥321,580(税込)※1+PC準備費用※2が、

¥0

※1 デジタルハリウッド「Webデザイナー講座 就転職プラン(相当内容)」受講¥281,600+Adobe Creative Cloud購入¥39,980
※2 施設にPC完備。PCは全てWindowsになります。

引用:【atGPジョブトレIT・Web】

障害者手帳を持っていれば無料で利用できるということろはあまりに大きいポイントです。

またゼネラルパートナーズは、各障害に特化した就労移行支援事業所と就労継続支援事業所を運営しており、入所している障害者の方の就職決定数が、東京都と大阪府でそれぞれ第一位、職場定着率も91.9%  の実績があります。

◆セールスポイント◆

・Web制作のすべてのスキルが身につく

すべてのスキルが身につくデジタルハリウッドWebデザイナー講座を受講できるというのが何よりのポイントでしょう。

・就職、定着サポート

障害者転職支援業界No1 atGPの企業ネットワークと知見を活かし、就職はもちろん、就業後の定着サポートを受けることができるのも重要です。

atGPは発達障害専門就労サービスや、うつ症状専門就労サービス、統合失調症専門就労サービスなど様々に特化した障害者就労支援サービスを展開しています。

・症状管理スキルの習得

atGPのノウハウで、症状悪化を予防するストレスや生活習慣の管理法を学び症状の自己認識を出来るようにし、さらに就職後に能力を発揮できる力を身につけられます。

◆ターゲットユーザー◆

障害(特に精神・発達障害・下肢障がい)があり、下記いずれかに該当する方

・手に職を付けて活躍したいとお考えの方

・復職を希望するプログラマー、web製作経験者

かつ、東京(渋谷)に週4~6日(月~土)通所可能な方。

※現職中は利用不可

精神障害・発達障害が主なターゲット層というのも参加がしやすいポイントです。

◆こんな方におススメ

(障害のある方で)

・デザイン、モノづくりが好き

・PC操作が好き

・モノ選びやお洒落が好き

・専門性を身につけ、自分にしかできない仕事をしたい!

発達障害の中でもアスペルガーASD(自閉症スペクトラム)の場合PCと相性がいいという話も聞くので特におすすめできると思います。

参考:【atGPジョブトレIT・Web】

デジタルハリウッドWebデザイナー講座×障害者転職支援業界No1atGPの就労支援による障害者の方のためのWeb・IT就労移行支援サービスについての私見

Webデザインに興味のある精神障害者・発達障害者にとってはかなり条件のいい案件なのではないかと感じました。

Webデザイナーのプロと障害者転職のプロが一つになっているというところが大きなメリットでしょう。

対象者も精神障害者と発達障害者がメインということもあり参加もしやすいのではないかと思います。

特に発達障害のアスペルガーASDはコツコツとした作業に没頭しやすいという特性があるのでWebデザインが上手くハマれば天職になる可能性もあるのではないかと感じます。

それでは最後にデジタルハリウッドとゼネラルパートナーズの2つの強みについて紹介していきます。

Web制作のすべてのスキルが身につくデジタルハリウッド

Web制作のすべてのスキルが身につく

Webサイトの企画から、設計、デザイン、コーディング、公開まで、すべて一人でできるようになれるというのは大きなポイントに思えます。全て一人で出来るというのはスキルとしてかなり大きいでしょう

さらにWebレイアウト・デザインの基本から、 最新のWebサイト制作に必要なHTML5やJavaScriptなどの高度なスキルまで、幅広く学べます。

企画だと

企画、ワークフロー、Webリテラシー、営業スキル、Webディレクション

デザインだと

Photoshop、Illustrator、カラー、フォントだと

コーディングだと

HTML5、CSS3、JavaScript、Dreamweaver、WordPress

これらが学べます。

現役プロクリエイター講師のノウハウが詰まった動画授業と
専門スタッフによるサポート

また現役プロクリエイター講師による丁寧でわかりやすい授業なので、初心者の方でも簡単に理解することが可能です。

また動画授業なので自分のペースで進められますので、苦手なところは何度も学習することが可能です。

わからないところは、教室に専門スタッフがいるので、その場ですぐ質問することができます。

参考:【atGPジョブトレIT・Web】

ゼネラルパートナーズの就労移行支援サービス

障害者就職実績が東京・大阪でNo1

ゼネラルパートナーズの就労移行支援サービス

ゼネラルパートナーズは、各障害に特化した就労移行支援事業所と就労継続支援事業所を運営しており、入所いただいている障害者の方の就職決定数 ※1 が、東京都と大阪府でそれぞれ第一位、職場定着率も91.9% ※2 の実績という大きなポイントがあります。

2大都市で就職決定数一位にもかかわらず定着率も91.9%の高さというのはすごいことだと思います。

豊富な職業準備性カリキュラム

就労移行支援事業所の運営で培った知見をフルに活かした、障害者の方が働く上で必要な能力を身につけるプログラムで症状や特性を理解し、コントロールすることを学ぶ自己理解系のカリキュラムです。

デザイン会社で働いている想定で、実践的なビジネススキルを学ぶ、ビジネススキルトレーニングなど、スキルアップと同時に、職業準備性も高められるなど実践を意識したところが定着率のポイントかと思います。

他にも生活リズムの安定、自己理解系カリキュラムなど体調管理や自己の特性の理解のカリキュラムもあります。

atGP転職による就職サポート

障害者雇用支援サービスのパイオニアとして15年以上にわたるサポート実績と、2,500社にも及ぶ業界トップクラスの求人企業ネットワークがあるので幅広い就職先があります。

面接や書類作成のサポートから、入社後も自分らしく安心して働き続けていただくためのサポートをしてもらえるというのも安心できるポイントです。

参考:【atGPジョブトレIT・Web】

atGPジョブトレIT・WEB就労移行支援サービスの評判・口コミ

最後に始まったばかりで少ないですが評判を載せて終わりにしたいと思います。

スタッフの皆様は、障害特性を理解しベーススキルの向上のための支援に長けたスタッフと、Web・ITの実務経験が豊富なWebデザイナーの講師スタッフがいらっしゃいます。
施設長の小牧(こまき)さんは、発達障害専門の支援事業所『リンクビー』での施設運営経験があり、障害特性に応じた支援のプロフェッショナルです。

また、実務経験が豊富なプロのWebデザイナーがスタッフとして複数名在籍しており、Web・IT領域の企業の現場視点でのアドバイスを行うことができ、実践的なトレーニングを行うことができる根拠となっています。
引用元:salad

それでは興味を持った方は↑の画像より詳細紹介ページをご覧くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました