アスペルガーASD発症と親の子育てに関係はあるか?アスペルガーASDとアダルトチルドレンの視点から考える

アスペルガーASD全般
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

アスペルガーASDと親の教育に関係はあるか

特に大手の発達障害サイトではアスペルガーは先天的障害で親の子育ては関係ないという風潮がありますが私にはそうは思えませんので改めて考察をしていこうと思います(このことには以前考察したので下記の記事を参照にしてください)。

発達障害(アスペルガー・ASD)は親の愛情不足が原因ではないという風潮への考察
発達障害(アスペルガー・ASD)は親の愛情不足が原因ではないという風潮への考察として今回の記事を書いていこうと思います。 なぜ発達障害は親の愛情不足が原因か?をテーマにしたか その理由は発達障害やアスペルガーでネット検索すると上位に出てくる大手の発達障害系サイトでははっきりと「発達障害・アスペル[...]

そこでアダルトチルドレン(AC)と機能不全家族の視点からアスペルガーASDについて考察してみようと思います。

アダルトチルドレン(AC)とは

ACの概念は1970年代にアメリカで提唱され始めました。アルコール依存症の親をもつ子どもたち(COA:Children of Alcoholism)が大人になったとき「対人関係の問題」や「生きづらさ」に悩み苦しんでいる人が多くいることがわかってきたのです。「大人になったCOA」つまりACOA(Adult Children of Alcoholism)が注目されるようになりました。彼らの特徴は、相手の評価に過敏になり自分に自信がもてない/自分の存在価値を確認できず、酒・ドラッグ・仕事などに溺れてしまう/対人関係が上手くいかず、居場所のなさ、生きづらさを感じる/というものです。

参照:http://www.yamanashi.med.or.jp/tsuru/onepoint/onepoint17.htm

機能不全家族とは

 親からの性的虐待や肉体的・言動的暴力、両親の不仲などによって、家庭が子どもにとってあるがままでいいという安心感のある居場所ではなくなってしまうような、子どもを育てる機能を果たさない家庭を「機能不全家族」といいます。また、たとえ外から見る限り健全な家庭でも、子どもに対し過剰に期待したり甘やかしたりする親や、仕事に依存する父親・夫に依存する母親なども、やはり「機能不全」ということになります。
 このような機能不全家族のなかで育った人にも、アルコール依存症者を親として育った人と同様の特徴が生じていることがわかり、ACOD(Adult Children of Dysfunction family)と呼ばれるようになりましたが、最近では両者を区別せず、まとめてACということが多くなっています。

参照:http://www.yamanashi.med.or.jp/tsuru/onepoint/onepoint17.htm

アダルトチルドレンや機能不全家族は比較的有名な概念だと思うのでご存じの方も多いと思いますが念の為参照しました。

もともとアダルトチルドレンはアルコール依存症の親を持つ人という意味でしたが後に家庭内で問題がある親を持つ人を含めアダルトチルドレンと呼ぶようになりました。

アダルトチルドレンとアスペルガーASDについて考察する

家庭内に一番問題を持ち込みそうなのはやはり受動型アスペルガーASDです。

なぜ一見して問題の少ない受動型アスペルガーASDがモラハラ・カサンドラ加害者になりやすいかその原因
なぜ受動型アスペルガーASDがモラハラ・カサンドラの加害者になりやすいのか 今回はなぜ受動型アスペルガーASDがモラハラ・カサンドラの加害者になりやすいのかを考察していこうと思います。 多くのアスペルガーは元々積極奇異型である まず私の持論に多くのアスペルガーは元々積極奇異型であるというものが[...]

受動型は仕事では空気を読んで本来の自己本位な性質を抑え他人に合わせているのでそのストレスがとても大きいと思われます。

そして本来の自分を出せる家庭内で暴言などのモラハラ、時にはDVなどの暴力をしてしまうこともあるでしょう。

特に普段から強く自己を抑えている人は酒を飲まないと本来の自己を出すこともできなく自己を解放するためにアルコール依存症になるパターンも多いでしょう。

このような親・家庭環境でアダルトチルドレンとして親の横暴な言動について過度に空気を読んで合わせたり、逆に自分が存在しないように存在感を消したりしながら育てば色々ストレスで歪んでしまう確率も上がるのは当然だと思えます。

特にアスペルガーの場合遺伝性が極めて高いのでこのようなアスペルガーの親の言動がストレスになりアスペルガーを発症している可能性は高いのではないかと思われます(現代医学の通説ではアスペルガーは発症する可能性を持つ遺伝子を保有する人がストレスを受けることで発症するストレス脆弱性モデルが正しいと考えられています)。

このようにアスペルガーとアダルトチルドレンの関係は今後も考察していく必要があると考えています。

最後にアダルトチルドレンで悩んでいる方向けに改善マニュアルがあるので紹介して終わりにしようと思います。

アダルトチルドレン改善マニュアル完全版について考察
今回はアダルトチルドレン改善マニュアル完全版についての考察をしていこうと思います。 アダルトチルドレン改善マニュアル完全版とは何か 東京でいろいろな問題や症状の原因を特定して改善するコンサルティングを行っている須藤裕司さんがコンサルティングをしている中から生み出されたもののようです。 機能[...]
参考になりましたら押してもらえると励みになり嬉しいです!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました