「モラハラの心理」劣等感が強いアスペルガー夫は無条件的に立場が高くなれるので妻や子どもにモラハラをしやすい

心理分析
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

アスペルガーとモラハラ・毒親の関係性

アスペルガーの中でも劣等感コンプレックスが強い人は独自の個人的価値観を善としてそれを他人に強要するモラハラが目立ちます。

他人なら適当にあしらえばいいのですが家族となるとそうも上手く行きません。

特に妻(女)だから夫(男)の言うことを聞けという立場の差を利用したモラハラや、子どもなんだから親の言うことを聞けと言う立場を利用した毒親型のモラハラも多く見受けられます。

アスペルガーにありがちな独自の歪んだ価値観

またアスペルガーにありがちな独自の歪んだ価値観を他人に強要するパターンが多いです。

男たるもの〜であるべきだ

女たるもの〜であるべきだ

子どもたるもの~であるべきだ

といった劣等感コンプレックスの強いアスペルガーが抱きやすい価値観へのこだわりを持ちそしてその価値観のハードルを越えられないお前はダメだと否定をするモラハラをします。

劣等感が強いからこそそれを満たすために自分より下の存在を否定することで自尊心を保っているわけです。

特に無条件に自分の立場が上になれる場合その悪質さは強くなります。

男尊女卑の思想を持っていれば女のくせに男の俺の言うことが聞けないのかと無条件でマウントを取ることができます。

年功序列とは少し違いますが子どもは親のいうことを聞くのが当たり前という毒親思想を持っていれば親の俺の言うことが聞けないのかと無条件でマウントが取れてしまします。

これらのモラハラ・毒親の対抗策

これらのモラハラ・毒親に対抗策はあるでしょうか?

正直に言ってこれらの歪んだ価値観を修正するというのは非常に困難なケースが多いと思われます。

なので現実的な対処法としては距離を置くということになると思います。

仮にモラハラ側が自分に問題があったと認識すれば改善の余地があると思いますがそのようなケースは稀のように見えます。

最後にモラハラ関連記事を置いておくのでよろしければお読みください。

カサンドラ症候群の加害者・被害者ともになりやすいのは受動型アスペルガーであるという仮説
アスペルガーASDカウンセリングを続けてきた中で生まれてきた思い 私はこちらのアスペルガーASDについてのお話をココナラでお聞きします アスペルガー当事者がASDの悩みや相談についてお聞きしますというカウンセリングサービスをしておりその以前にはメールでの相談を受けていたこともあるのですがその相談内[...]
なぜ一見して問題の少ない受動型アスペルガーASDがモラハラ・カサンドラ加害者になりやすいかその原因
なぜ受動型アスペルガーASDがモラハラ・カサンドラの加害者になりやすいのか 今回はなぜ受動型アスペルガーASDがモラハラ・カサンドラの加害者になりやすいのかを考察していこうと思います。 多くのアスペルガーは元々積極奇異型である まず私の持論に多くのアスペルガーは元々積極奇異型であるというものが[...]
モラハラ・カサンドラ加害者はアスペルガーASD単体よりも双極性障害を併発している可能性も考慮したほうがいいかもという話
モラハラ・カサンドラとアスペルガーASDと双極性障害についての関係 今回は以前より気になっていたモラハラ・カサンドラとアスペルガーASDと双極性障害についての関係を考察しようと思います。 カサンドラはご存じの方も多いと思うのでまず本ブログでは新しいワードのモラハラについて調べておきます。 モラ[...]

 

参考になりましたら押してもらえると励みになり嬉しいです!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました