なぜアスペルガーASDが雑談が苦手なのか理由を心理考察

アスペルガーASD全般
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

アスペルガーASDといえば雑談が苦手

アスペルガーASDといえば雑談が苦手というイメージも定着してきましたが(積極奇異型を除く)雑談が苦手な理由については書かれているのをあまり診ないので私なりにアスペルガーASDの心理分析していこうと思います。

  • 基本的にアスペルガーASDは人見知りで他人との心の壁が厚いので容易に自分の心の中は他人に見せたくないと思っている
  • アスペルガーASDは興味のあること以外に関心を持たないので自分の興味のない雑談では何を話していいかわからない
  • アスペルガーASDは目的のない会話が苦手なので終着点も結論もない雑談が苦手
  • アスペルガーASDは想定外のことにとっさに適応するのが苦手なため話を振られても何を言えばいいのかわからない

このあたりがアスペルガーASDの心理分析と言えます。そして心理分析とは少し変わり脳科学的な話になりますがアスペルガーASDは左脳優位なので一つの物事をじっくり処理することに長けており雑談のように話題が頻繁に変わる同時並列処理の右脳を使うことは向いていないといえます。

右脳左脳の機能についてはこちらの記事で触れています。

アスペルガー症候群(ASD)とADHDについて左脳と右脳の機能から考察する仮説
前回の記事ではアスペルガー症候群(ASD)は左脳の機能が優位すぎるまたは右脳の機能が不活性状態であるという仮説を唱えました。 今回は更に対象を広げてADHDに関しても考察していこうと思います。 アスペルガー症候群(ASD)とADHDの違いについて ちなみに私自身はADHDに当てはまる要素は普通[...]

アスペルガーASDは雑談が苦手だが必ずしも会話が苦手ではない?

ではアスペルガーASD=会話が苦手なのでしょうか?

アスペルガーASDでも目的も脈絡もない雑談は苦手でも目的や筋道のある会話はできるという人は多いと思われます。

例えば自分の考えや企画をプレゼンテーションする場では雑談とは違い基本的に自分が主体となって予測の範囲内の出来事しか起こりにくいのでアスペルガーASDの人でも話せるという人はいると思います。

アスペルガーASDは自分の趣味や興味のあることに関しては饒舌になると言われているので雑談は苦手だが興味のある会話は得意という変わった性質を持っていると思われます

また私は雑談以外にも例えば病院で先生に自分の症状をとっさに伝えるというようなシチュエーションが苦手なので事前に先生に言うことを決めてシミュレーションを頭の中で行ってから行くようにしています。

そうすることで不測の事態が発生しない限りは「あれを伝え損ねた~」などということが減り自分の伝えたいことをうまく伝えられることが多くなったと感じています。

アスペルガーASDの雑談と会話について最後に

アスペルガーASDは目的のない雑談が苦手だがその分目的のある会話は得意とも言える。

今回はこのくらいにしておきます。

ご覧頂きありがとうございました。

参考になりましたら押してもらえると励みになり嬉しいです!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました