大人のアスペルガーASD、積極奇異型、受動型、孤立型、大仰型、尊大型、特徴診断セルフチェック

アスペルガーASD全般
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

大人になってからアスペルガーASD(自閉症スペクトラム)と気づいた人へ

大人になってからアスペルガーASD(自閉症スペクトラム)だと気づくという人も多い昨今自分がどのタイプのアスペルガーなのか知りたいという方もいると思い自己診断に使えるまとめページを作ることにしました。

世の中にはアスペルガーASDの解説は多いですがまだまだ子供についての記事も多く大人のアスペルガーASDについての情報は多いとは言えないと思います。

そこで大人のアスペルガー当事者としてできるだけわかりやすく分析考察をしていきたいと思います。

読んで頂く前に予備知識として以下のアスペルガーASDには空気が読めない鈍感系タイプと空気を読みすぎる敏感系タイプと私が読んでいる2タイプに分かれることを頭に入れておくと理解がしやすいかと思います。

扁桃体の発達の遅れは2タイプあります。

1つ目は、他人の感情を理解するよりも自分の感情が優先される発達タイプ。他人の内面を推測する働きが弱く、自分の感情を強く意識するので、共感性が乏しく、自分本位の思考や行動になりやすく、社会的なトラブルを招きやすい傾向があります。

2つ目は、自分の感情の理解よりも、他人の感情への理解が促進される発達タイプ。他人の目が気になって仕方がないため、自分の感情を表に出すことが少なくなります。社会的なトラブルは少ないですが、外界や他者に過敏であるためストレスがたまりやすい傾向があります。

子どもを伸ばす脳番地トレーニング P.36.37 より引用

それでは説明を始めていきます。

積極奇異型アスペルガーASD(自閉症スペクトラム)

積極奇異型にも2タイプいますが多くのタイプがコミュニケーションにおいて空気が読めなく自分の話を一方的にしてしまう迷惑な特徴があります。他人の感情に鈍感すぎる鈍感系積極奇異型アスペルガーASDと呼べるでしょう。

もう片方のタイプはコミュニケーションにおいて空気を読みすぎておどおどキョドキョドして奇妙な言動をとってしまう特徴があります。他人の感情に敏感すぎる敏感系積極奇異型と言えるでしょう。

受動型アスペルガーASD(自閉症スペクトラム)

受動型アスペルガーにも2種類いますが多くはコミュニケーションにおいて空気を読みすぎて他人の言うことを聞きすぎてしまう迎合しすぎてしまうという特徴があります。他人の感情に敏感すぎる敏感系受動型と言えるでしょう。

もう片方の特徴は本質的に空気は読めないが生きていく内に形式的に空気を読むことを学習して相手の言うことに受動的に反応するようになっていったタイプがいます。見た目だけではわからないがこのタイプは他人の感情に鈍感な鈍感系受動型と言えます。

受動型には他にない特殊な特徴を持つタイプがいて失感情症(アレキシサイミア)といいます。失感情症と言う名の通り自分の感情に対する自覚がなくそのせいで他人の言いなりになってしまうという特徴を持っています。

孤立型アスペルガーASD(自閉症スペクトラム)

孤立型にも2タイプあり他人の感情に鈍感でコミュニケーションがうまくいかず孤立していくタイプ(人それぞれですがこのタイプを尊大型と呼ぶ人もいます)。他人の感情に鈍感すぎるゆえ鈍感系孤立型と呼ぶことができるでしょう。

もう片方の孤立型の特徴は他人の感情に敏感すぎるため空気を読みすぎコミュニケーション自体を取らなくなるというものです。他人の感情に敏感すぎるゆえ敏感系孤立型と呼ぶことができるでしょう。

大仰型アスペルガーASD(自閉症スペクトラム)

大仰型にも2種類タイプがいると思われます。

まずは他人の感情に鈍感な空気の読めないタイプ。大仰型はうまくいかないコミュニケーションの問題をとりあえず馬鹿丁寧な言葉遣いをしておけば怒られることは少ないという学習過程を経た結果っ誰に対しても馬鹿丁寧で慇懃無礼な言葉づかいをするようになっていったタイプと言えます。他人の感情に鈍感な鈍感系大仰型と呼べるでしょう。

もう片方の特徴は他人の感情に敏感で空気を読みすぎた結果相手に失礼のないような言葉遣いを学習していきそれが行き過ぎ誰にでも馬鹿丁寧で慇懃無礼な言葉づかいをするようになっていったタイプと言えます。他人の感情に敏感すぎるゆえ敏感系大仰型と言えるでしょう。

尊大型アスペルガーASD(自閉症スペクトラム)

最後に尊大型アスペルガーASDの説明をしていきますが、私は尊大型は他の種類とは別種のものだと今のところ考えています。

人によっては尊大型は孤立型の派生型だという説明をしていますが私には別の考えがあります。

まずそもそも医学的にアスペルガーASDの中には積極奇異型、受動型、孤立型、大仰型しかなく尊大型は存在しません。

ここがまず尊大型は別物であるという大きな点です。

他には尊大型の症状の特徴はアスペルガーが元々持っている特徴ではなくその人の持つ個人的性格とアスペルガーが合わさって出現する症状です。

つまり元々アスペルガーが持っている特性とは言い難いのではないかと思えます。

以上の理由から私は尊大型アスペルガーASDとはアスペルガーの人が自己愛性パーソナリティ障害もしくは双極性障害になっている状態であるという仮説を持っています。

これ以上話し出すと話が広がりすぎてしまうので興味を持った方はこちらをご覧ください。

迷惑な尊大型アスペルガーASDの特徴や性格の原因は自己愛性パーソナリティ障害説
尊大型アスペルガーASDの特徴について考察する 本ブログへの流入キーワードで「尊大型 特徴」というものが比較的多くあり需要がありそうなのもあり、また以前書いた尊大型の記事もいまの私の知識からすると至らない点も多く見受けられるので新しい記事を書くことにしました。 参考までに以前の記事のリンクを張っ[...]

以上のように尊大型以外は簡潔に説明することができたかと思います。

それではご覧いただきありがとうございました。

参考になりましたら押してもらえると励みになり嬉しいです!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

コメント

  1. […] アスペルガーASD、積極奇異型、受動型、孤立型、大仰型、尊大型、特徴診断セルフチェック大人になってからアスペルガーASDだと気づくという人も多い昨今自分がどのタイプのアスペル […]

  2. […] アスペルガーASD、積極奇異型、受動型、孤立型、大仰型、尊大型、特徴診断セルフチェック大人になってからアスペルガーASDだと気づくという人も多い昨今自分がどのタイプのアスペル […]

  3. […] アスペルガーASD、積極奇異型、受動型、孤立型、大仰型、尊大型、特徴診断セルフチェック大人になってからアスペルガーASDだと気づくという人も多い昨今自分がどのタイプのアスペル […]

タイトルとURLをコピーしました