アスペルガー症候群と自閉症と自閉症スペクトラム(ASD)の違いとは?

アスペルガーASD全般
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

アスペルガー症候群と自閉症、自閉症スペクトラム(ASD)の違いが何かわからないという方向けに私なりにアスペルガー症候群、自閉症、自閉症スペクトラム(ASD)を既存の考え方にとらわれずに考察・紹介していきたいと思います。

まずはおなじみのアスペルガー症候群です。

アスペルガー症候群とは何か?

医学的には社会性の問題だコミュニケーションの問題だなどといろいろな説明をされていますが私的にはアスペルガー症候群とは一体何なのか一言で言うならば、アスペルガー症候群は左脳が優位な特徴を持っていていろいろな症状も左脳の論理性、合理性が人よりも高いことを理由に説明できます。

左脳が優位すぎて他人の感情に鈍感であったり空気が読めなかったりします。

そして私の持論にアスペルガー症候群は元々積極奇異型(空気が読めなく奇妙な言動をするタイプ)だが別の型へ移行するという仮説があります。

関連記事:積極奇異型アスペルガーASDの特徴はうざい、迷惑、しつこい?

もともと自己本位な積極奇異型の言動をしていく中でコミュニケーションが上手くいかないと思ったアスペルガーは受動型(ひたすら相手の言うことを聞く)へと移ります。そして他人のいうことを聞くことに疲れた受動型は孤立型(他人との関係を絶ち一人の世界へ行く)へと変化していくパターンが多いです。

関連記事:大人の受動型アスペルガーASDとは何か?男女差の特徴からも考察

関連記事:大人の孤立型アスペルガーASDとは?特徴について当事者が解説

孤立型でも元々は積極奇異型である証拠としては酔った際に出てくる言動が非常に積極奇異的であることがあげられます。

普段理性で抑えている積極奇異的な感情が現れるのだと思われます。

次に自閉症について述べていきたいと思います。

自閉症とは何か?

自閉症とは何かについて語るには自閉症とアスペルガーの違いを使ったほうがわかりやすいのでそうしていきます。

まずよく言われるのがアスペルガーには精神遅滞がないが自閉症には精神遅滞があるということです。

しかしこれにも私独自の解釈があります。

私が自閉症に一番近い孤立型アスペルガーだからこそ思い浮かんだ説ですが、彼らは社会生活、経済、文化などと言った人々が作った概念に興味がないだけで、知的に問題があるわけではないのではないかという説です。彼らは他人が作り出したものに興味を示さないだけなのではないでしょうか。

例えば我々が知的であると定義づけているIQ検査ですがそれを余裕で高得点を取れるのに全く興味を持てない人がいるとして世間ではその人を精神遅滞と扱うでしょう。

つまり我々が知的であると定義づけている物事に興味を持てない人は精神遅滞とレッテルを貼られてしまうといえます。

自閉症の中には稀に天才的な能力を発揮する人がいますがその人は興味関心が社会と一致したケースだと思われます(例:物理、数学、絵画)。

また私の思うアスペルガーと自閉症の違いはアスペルガーは元々は積極奇異型であるのに対し自閉症は元々が孤立型であることです。

この差がアスペルガーの対人関係と自閉症の対人関係の大きな差になっていると思われます。

自閉症は子どもの頃から典型的な孤立型、一人でいることを好むのに対しアスペルガーは子どもの時は意外と活発にコミュニケーションをします。

アスペルガーと自閉症の違いまとめ

  • アスペルガーは精神遅滞がなく自閉症は精神遅滞があると一般的には言われている
  • アスペルガーは人間や社会に興味があるが自閉症は興味がない
  • アスペルガーは元々積極奇異型だが自閉症は元々が孤立型である

実はここに私がアスペルガーと自閉症スペクトラムを別物として扱いたい理由があります。

自閉症スペクトラムとは?

ではそもそもまず自閉症スペクトラムの定義ですが、「自閉症やアスペルガーの程度は人によりまちまちでスペクトラム上にグラデーションのようになっているから自閉症とアスペルガーとを別物扱いすることをやめて一つのものとして扱おう」。

という経緯があります。

ですが私的には、先程述べたようにアスペルガーと自閉症にはやはり違いがありそれを同じ一つのものと扱うことには抵抗を感じます。

特に個人的にはアスペルガーはデフォルトで積極奇異型、自閉症はデフォルトで孤立型である点がこの2つの概念を同じものと扱うということに私は抵抗を感じてしまいます。

これが私の思いこみか真実かがわかる日が来るのかはわかりませんが、個人的には自閉症スペクトラムASDという定義には違和感を感じアスペルガー症候群を使いたいと言うのが正直なところです。

しかし世界的な潮流で自閉症スペクトラムASDの方が優勢になってきているので仕方なく使っているという面があります。

私個人としてはアスペルガーはデフォルトが積極奇異型、自閉症はデフォルトが孤立型であることが証明されアスペルガーと自閉症が別物だと定義され自閉症スペクトラムASDは利用されなくなる日を密かに願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました