大人のアスペルガーASDの恋愛の特徴は一途?執着が強い?

アスペルガーASD全般
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

アスペルガーASD(自閉症スペクトラム)の恋愛は一途?執着が強い?

ネットではアスペルガーASD(自閉症スペクトラム)の恋愛は一途?執着が強い?と言われてたりしますが、今回はアスペルガーASDの恋愛傾向について分析していこうと思います。

しかしアスペルガーといっても積極奇異型アスペルガーASD、受動型アスペルガーASD、孤立型アスペルガーASDと3種類あり、さらに他人の感情に敏感タイプか鈍感タイプかに分かれて計6種類が存在します。

読んで頂く前に予備知識として以下のアスペルガーASDには空気が読めない鈍感系タイプと空気を読みすぎる敏感系タイプと私が読んでいる2タイプに分かれることを頭に入れておくと理解がしやすいかと思います。

扁桃体の発達の遅れは2タイプあります。

1つ目は、他人の感情を理解するよりも自分の感情が優先される発達タイプ。他人の内面を推測する働きが弱く、自分の感情を強く意識するので、共感性が乏しく、自分本位の思考や行動になりやすく、社会的なトラブルを招きやすい傾向があります。

2つ目は、自分の感情の理解よりも、他人の感情への理解が促進される発達タイプ。他人の目が気になって仕方がないため、自分の感情を表に出すことが少なくなります。社会的なトラブルは少ないですが、外界や他者に過敏であるためストレスがたまりやすい傾向があります。

子どもを伸ばす脳番地トレーニング P.36.37 より引用

ですのでそれぞれのタイプごとに話していこうと思います。

タイプについてよくわからない方はこちらで詳しく解説したので御覧ください。

大人のアスペルガーASD、積極奇異型、受動型、孤立型、大仰型、尊大型、特徴診断セルフチェック
大人になってからアスペルガーASD(自閉症スペクトラム)と気づいた人へ 大人になってからアスペルガーASD(自閉症スペクトラム)だと気づくという人も多い昨今自分がどのタイプのアスペルガーなのか知りたいという方もいると思い自己診断に使えるまとめページを作ることにしました。 世の中にはアスペルガーA[...]

鈍感系積極奇異型アスペルガーASDの恋愛傾向

他人の感情に鈍感で積極的に話しかける鈍感系積極奇異型は他のタイプと違い恋愛関係に発展しやすいと言われています。もちろん空気は読めないので普通の人から「うざい」「しつこい」などと思われますが鈍感なので気にしません。そのうちに押されて受け入れてしまう人が出てきます(私は多くの場合この押される人は敏感系受動型だと思っています)。

こうして押されてしまった人と付き合うことになるパターンが多いと思われます。

そして鈍感系積極奇異型は嫉妬深く執着が強く言い換えれば一途である傾向があると言われています。

なので人によってはストーカーになることもあるようです。

敏感系積極奇異型アスペルガーASDの恋愛傾向

敏感系積極奇異型は他人の感情に敏感でビクビクしているオタクタイプなので同性のオタクと集まることが多く異性との出会いは少ないと思われます。話したいという欲求が強く他人の感情に敏感なので機会さえできれば恋愛に発展する可能性は十分あると思われます。

鈍感系受動型アスペルガーASDの恋愛傾向

他人の感情に鈍感で他人の言うことを受け入れる鈍感系受動型アスペルガーASDは恋愛に発展しやすいが問題も多いという傾向があると言われています。恋愛に発展しやすい理由は鈍感で他人の感情への理解がないことを埋め合わせるために形式上だけでも他人とのコミュニケーションが出来るようになろうと変化していったタイプなので結局他人の感情に理解がないままだからです。いわゆる尊大型アスペルガーASDと呼ばれる他人に理解のないタイプと重なる人も多いでしょう。

外では形式上だけいい人を演じていても家庭内では本性を出して横柄に傍若無人に振る舞うという特徴が目立つのもこのタイプでまさに尊大型アスペルガーASDと言ったところです。。

またモラハラを1番するのもこの鈍感系受動型アスペルガーASDです。そしてモラハラをする人は離婚をしてくれないことで有名です。つまり執着が強いと言えます(ある意味一途とは言えますが)。

敏感系受動型アスペルガーASDの恋愛傾向

他人の感情に敏感で他人のことを受け入れがちな敏感系受動型アスペルガーASDの恋愛傾向は一番普通の恋愛に発展しやすいのではないかと思われます。他人の感情に敏感で理解もあり他人に押されると受け入れてしまいがちな敏感系受動型アスペルガーASDは女性に多いのもありなおさら恋愛関係に発展しやすいでしょう。起きやすいトラブルは他人の感情を優先しすぎるので自分の感情を抑えすぎてストレスを抱えやすいという傾向があります。

鈍感系孤立型アスペルガーASDの恋愛傾向

他人の感情に鈍感で横柄な態度をとりがちで他人から孤立する鈍感系孤立型アスペルガーASDは恋愛関係には発展しにくいでしょう。まずそもそも人と関わろうという気がないので出会う機会も少ないと思われます。自分を曲げないところや自信を持っているところが魅力的に見えるという人もいてそのような人と恋愛関係になる可能性があると思われます。ただ恋愛関係に発展しても他人の感情に鈍感で横柄な態度をとりがちなのでトラブルが起きやすいと言えるでしょう。

孤立型はあまり他のタイプほど一途ではないと思われます。気を許した人への執着はあると思いますが人間自体に関心が薄いので他のタイプほどは一途という言葉は合わないかと思います。鈍感系孤立型は特に人間に興味がないタイプなので恋愛に発展しづらくさらにそこまで一途というほどではないと思われます。

敏感系孤立型アスペルガーASDの恋愛傾向

他人の感情に敏感で一人でいることを好む敏感系孤立型アスペルガーASDは恋愛関係に発展しにくいと言えるでしょう。基本的に一人でいることが好きですが自分の好きなことについては饒舌に喋りたい共有したいという欲求も持っているので同じ趣味を持つ人相手だと恋愛関係に発展しやすいと言えます。

先程も書きましたが孤立型はあまり他のタイプほど一途ではないと思われます。気を許した人への執着はあると思いますが人間自体に関心が薄いので他のタイプほどは一途という言葉は合わないかと思います。

アスペルガーASD(自閉症スペクトラム)の恋愛傾向まとめ

以上のように同じアスペルガーASDと言っても恋愛傾向は様々なものでした。

ですがよく言えば一途である、悪く言えば執着が強い、という特徴はどのアスペルガーASDにもある程度一定して当てはまる特徴だと思われます。

ただし積極奇異型、受動型、孤立型の順で一途度(執着度)は下がっていくように思われます。

それではご覧いただきありがとうございました。

参考になりましたら押してもらえると励みになり嬉しいです!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました