双極性障害の薬の効能の感想、エビリファイ、ジプレキサ、リーマス、レクサプロ、トレドミン

双極性障害(躁うつ病)
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

私が双極性障害とわかってから処方された薬とその個人的感想・体験談を記事にしたいと思います。

同じように双極性障害の人で薬のことで悩んでいる人に何かしらの形でお役に立てば嬉しく思います。

まず最初私は強い躁状態になり自分が双極性障害であることに気づきました。

最初の処方ジプレキサと次の処方リーマス

そして最初に処方された薬がジプレキサ(オランザピン)でした。

ですが躁状態が強く焦燥感が激しく治まらなかったので追加でリーマス(炭酸リチウム)を処方してもらいました。

こちらはすぐに効いて激しい焦燥感は治まりました(リーマス自体即効性のある薬ではないようなので私のリーマスは効くというプラシーボ効果の可能性は否定できない部分はあるような気もします)。

リーマスとジプレキサは躁状態には個人的に効果はあったと思います。

何も飲まなかった時期と比べるとある程度は理性で抑えられるようになっていきました。

その後はリーマスとジプレキサで躁状態が終わりさらにうつ状態になっても変わらずの処方でした(ただしジプレキサは減量となりました)。

調べるとジプレキサは躁状態にもうつ状態にも効くとのことで利用されるとのことでしたがうつ状態の私にはジプレキサは効きませんでした。

激しいうつ状態になり体の怠さや重さ、希死念慮やネガティブ思考に囚われました。

主治医はそれでもジプレキサを処方し様子見をするばかりでした。

医師への主張でレクサプロの処方と次の処方トレドミン

しばらく辛いということを主張すると抗うつ薬のレクサプロを処方されることになりました。

レクサプロを服用して感じたのは体がうつ状態で重苦しいのに、レクサプロで精神的に無理やり気分を上げるような感じがして心と体のギャップがしんどくすぐにやめることになりました。

次にレクサプロの代わりに抗うつ薬のトレドミン(ミルナシプラン)が処方されました。医師いわくマイルドな薬なので大丈夫だろうとのことで服用することになりました。確かにレクサプロのような嫌な高揚感はなくむしろ特に変化がない感じでしたが飲み続けています。

そうこうしているうちに強いうつ状態は終わっていき弱いうつ状態になっていきました。

しかし強い眠気や食欲不振などが続いていました。

自分で調べエビリファイがいいのではないかと医師に提案

そこで自分で薬を調べエビリファイ(アリピプラゾール)がいいのではないかと思うようになりました。

うつ状態になり今飲んでいるジプレキサを減量した時期に減らすごとに眠気が減っていったのでジプレキサはあってないのではないのかという疑問があり、ジプレキサの代わりにエビリファイが使われることも多いという記述から主治医に聞いてみようと思いました。

うつ状態も変化がないのでジプレキサの眠気のことを話しその代わりにエビリファイはどうかということを主治医に相談したところそうしてみようとなりました。

そしてエビリファイに変えてから眠気も弱くなり食欲も出て日常生活もだいぶ出来るようになり寝付きもよくなりました。

このように頻繁にブログを書くことが出来るのもエビリファイに変えたおかげもあると思っています。

これはジプレキサを使っていたときと比べれば大きな違いです。ほとんどできていなかったことが出来るようになったレベルです。

エビリファイが効いてきて精神的にも気分も上がってきたのでトレドミンを飲むとレクサプロを飲んだときのように無理矢理に気分を上げる感じがして違和感を覚えるようになったので今はやめています。

さいごに

今回の経験で自分で薬のことを調べて医師に質問したり提案したりすることも重要なのだとわかりました。

もちろん薬は一人ひとり相性があるので私の体験談がどの程度参考になるかはわかりませんが疑問があったら自分で調べて医師に聞いてみるという点は皆さん使える点ではないかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました