双極性障害の躁状態・うつ状態・混合状態それぞれの対処法・過ごし方

双極性障害(躁うつ病)
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

双極性障害とわからずにうつ病として過ごしていた以前の時期と変わり、双極性障害とわかり自覚が出来るという大きな違いができ双極性障害に対する考えも深まってきました。そこで双極性障害の躁状態・うつ状態・混合状態それぞれの対処法・過ごし方がわかってきたので記事にしてまとめておきたいと思います。

あくまで私の個人的経験によるものですが参考になったら幸いです。

双極性障害の躁状態の対処法・過ごし方

やはりできるだけ冷静になることを心がけるのが重要だと思います。私の場合は薬も飲んでいてさらに意識的に落ち着くようにしていても浮ついた気持ちや行動に出てしまったのでやはり躁状態は厄介だと感じます。

とは言え他のうつ状態・混合状態に比べればまだ精神的に楽なのも事実です。うつ状態で何もできない寝たきりが続くことに比べれば異常にアクティブになる方がまだまだマシだということも出来ると思います。

できるだけ落ち着くことを意識がけて生活するというのが適した過ごし方だと思います。

双極性障害のうつ状態の対処法・過ごし方

私の場合は薬を飲んでも何もできず寝たきりで希死念慮やひたすらにネガティブな思考に支配されていました。体には力が入らず重く寝たきりでネガティブな思考がずっと流れてきました。最初のうちはこの体の重さやネガティブ思考もどうにか対処しなきゃと思っていました。しかしどうしようもできない日々が続き考え方を変えることにしました。体が重いのは二日酔いみたいなものだ。ネガティブ思考が湧くのは雨が降ってる音みたいなものだ。止められないのだから仕方ないと受け入れるようになりました。この対処法・過ごし方で自分でどうにかしなければいけないという苦しさから抜け出ることができました。もちろん苦しさ自体は変わってはいないのですが、それでも気は楽になりました。

双極性障害の混合状態の対処法・過ごし方

混合状態の対処法は躁状態とうつ状態が同時に現れるのでそこをどう耐えるかという感じです。すごく気分がいいと思ったら死にたくなるなど本当に安定化しません。機関としては長くなく数日程度が私の場合多いので他の状態ほど長さ的にはしんどくはないのですが心理的には上下に揺れる事が多く心休まらないと言った感じで辛い部分があります。

うつ状態のように寝たきりになるというようなことはないので躁状態をどのように抑えてコントロールするかを中心に対処して過ごしたほうがいいと思います。

参考になりましたら押してもらえると励みになり嬉しいです!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました