医学論文にも掲載!朝起きれないお子様の為に、起立性調節障害対策サプリ【キリツテイン】について考察

サプリメントなど
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

医学論文にも掲載!朝起きれないお子様の為に、起立性調節障害対策サプリ【キリツテイン】について考察していきます。

起立性調節障害とは?

起立性調節障害とは何かキリツテインの紹介文から引用します。

◆ポイント◆
起立性調節障害とは、自律神経失調症の一種。
日本の中学生の約10%にみられ、特に思春期の女子に多いとされる病気です。
近年、症状がみられる子供の数が徐々に増えており、注目が高まるであろう病気です。
Lテアニンという成分を中心に、起立性調節障害の症状を抑える成分が配合されております。

参照:キリツテイン

起立性調節障害とは自律神経失調症の一種で思春期の女子に多い症状のようです。

そしてまたしても成分としては睡眠系サプリでは大人気のテアニンが出てきましたね。

◆ターゲットユーザー◆
【女性】
10代・20代・30代・40代

【男性】
10代・20代・30代・40代・50代

【ユーザーの詳細】
小~高校生で起立性調節障害を持っている子供を持っている親御さん

具体的には…子供が不登校になった、朝や午前中の調子が悪い、急に立つと立ちくらみになる、
朝がとにかくつらいしだるい、電車で立っているのが辛い、乗り物酔いがひどい、子供の学力低下が心配。

参照:キリツテイン

ターゲットユーザーは思春期のお子さんを持つ親御さんで子どもが朝調子が悪いのでどうにかしてあげたいと思っている方向けの商品と言えます。

キリツテインは唯一の起立性調節障害用のサプリ

◆キリツテインのメッセージ◆
現在、唯一の起立性調節障害用のサプリメントになります!

参照:キリツテイン

唯一の起立性調節障害用のサプリという敢えてターゲットを絞っているところの興味深い点です。

起立性調節障害というニッチでマイナーな症状に敢えてフォーカスしているということはそれだけ自身があるのだと思えます。

起立性調節障害になる原因

キリツテインによる起立性調節障害になる原因と対策をまとめていきます。

夜更かしなどの生活習慣

寝る前に、スマホ、パソコン、テレビを見て、画面から出ているブルーライトの影響で寝れなくなる場合があります。眠る前の1時間は、スマホパソコン、ケータイは使わないような生活習慣を心がけることが大事です。

学校、部活動など日常生活での精神的な負担

学校での先輩後輩関係、夜遅くまで厳しい部活、学校行事に勉強のプレッシャーなど、思春期における負担は大きいものです。
特に、女子中高生は、友人関係がとても難しい年頃です。そんな精神的な負担が、不調への原因になっている可能性があるので、ご両親がサポートしてあげることが大切です。

日常生活の不安さ

学校、人間関係、家事、育児、仕事などによるストレスだったりすることがあるので、リラックスして心の緊張状態をとってあげる必要があります。

要因は複合的ですがストレス性のものという見方をしているようです。

キリツテインに含有される起立性調節障害に効く成分

テアニン以外の配合成分をまとめていきます。

ヘム鉄補給で鉄分不足を解消

鉄には大きく分けて、「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」の二つがあります。違いは何かというと、体内での吸収力です。 ヘム鉄は動物性の食品に多く含まれる鉄分です。具体的にいうと、豚や鶏のレバー、赤身の肉、あさりやハマグリなどの貝類などに含まれている鉄分で、ヘム鉄の吸収力は、非ヘム鉄の5倍と言われています。

高麗人参の隠れたパワー

高麗人参には、疲労回復や新陳代謝の活性化、緊張をほぐしたり 高麗人参がサポートしてくれます。

亜鉛を配合

亜鉛は、重要な働きをするミネラルです。また、亜鉛は食品を加工する工程で失われることが多いため、インスタント食品やファーストフードなどを食べることが多い人にとっては不足しがちです。

亜鉛が不足すると、女性特有のバランスの乱れや生理不順につながりますので、きちんと補ってあげることが大切です。

参照:キリツテイン

このように特に思春期女子のための成分を配合しているのがキリツテインの突出した特徴です。

起立性調節障害向けサプリキリツテインについて最後に

キリツテインは特に思春期女子の朝起きれないという症状に特化したサプリでした。

さらに30日以内なら返金保証をしてくれているというのもとりあえず試してみたいという方にはおすすめできる点です。

気になった方、興味を持った方は↓の画像から詳細をページをご覧ください。

参考になりましたら押してもらえると励みになり嬉しいです!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました