双極性障害(躁うつ病)

双極性障害(躁うつ病)

双極性障害の躁状態とうつ状態の時間変化の感覚について

双極性障害の躁状態とうつ状態の時間変化の感覚の差について個人的な体験から書いていこうと思います。 うつ状態だと時間が経つのが遅いがそれが苦痛ではないうつ状態だと時間感覚が遅いですが別に何かをしないといけないという感覚もないのでただひたすら寝ていたりダラダラとネットを見て時間を潰したりなどが出来る状態[...]
双極性障害(躁うつ病)

双極性障害のセロトニン・ドーパミンの関係ついて考察

個人的に今まで双極性障害はドーパミン仮説を推していたのですが最近色々調べるとノルアドレナリンを含めたカテコールアミン・モノアミン仮説のほうが正しそうに思えてきました。 ドーパミン仮説からノルアドレナリンを含めたカテコールアミン・モノアミン仮説への支持変更 ノルアドレナリン 緊張や不安、集中[...]
双極性障害(躁うつ病)

双極性障害は心の病気か?脳の病気か?

ちょうど双極性障害は心の病気か脳の病気かということを考えていたところにさくらさんのツイートと記事が目に入りとても参考となったので引用をして考察をしていこうと思います。 双極性障害は心の病気か?脳の病気か? 名称の変化は、前述の通り、受診や通院のハードルを下げ、自身の病気の受容にもプラスに働くと考[...]
双極性障害(躁うつ病)

双極性障害の躁状態でもうつ状態でも混合状態でもない今だからこそ冷静に書けるこれらの特徴

今日は(というより今は)躁状態でも、うつ状態でも、混合状態でもないでもないのでこれらの特徴を客観的に冷静に書くことができるので進めていこうと思います。 双極性障害の躁状態の特徴 躁状態はたしかに気分が上がっているので一見すると調子がよく感じますが、落ち着かなくそわそわして体をじっとしていられなく[...]
双極性障害(躁うつ病)

双極性障害障害の当事者にしかわからないうつ状態と躁状態の辛さ

当事者でないとわからないつらさもあると思い双極性障害の啓蒙に繋がるかと考えたまには流れに任せて記事を書いていこうと思います。 双極性障害のうつ状態の辛さうつ状態が辛いのは当事者ではなくても理解はしやすいと思います。 明らかに気分の落ち込みがあり寝たきりだったりひきこもっていたり辛いのは客観的に見て[...]
双極性障害(躁うつ病)

うつ病や双極性障害で仕事・就労を考えている方へーうつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】について紹介

うつ病や双極性障害で仕事・就労を考えているけど一般就職(クローズ就労)はハードルが高そうと考えている方、または今クローズ就労をしているがやはり普通の人を装い普通の振る舞いを求められるのがきついという方はうつ症状専門の就労支援サービス「シゴトライ」を利用することを検討してみてはいかがでしょうか? う[...]
アスペルガーASD全般

アスペルガーASDと双極性障害の関係性についての個人的体験から考察

今回はアスペルガーASDと双極性障害の関係性について個人的体験から考察し他人の分析へとつなげていきたいと思います。 私は個人的な体験からアスペルガーと双極性障害はかなり関係があるのではないかと感じています。 アスペルガーASDと双極性障害 私は自分のことを孤立型アスペルガーASDだと思っていた[...]
双極性障害(躁うつ病)

双極性障害の躁状態・うつ状態と天気・天候の関係性について考察

今回は双極性障害の躁状態とうつ状態と天気・天候の関係性についての考察をしていこうと思います。 なぜこのようなことを考察するかというと私自身が双極性障害と天気・天候の関係性を強く感じているからです。 双極性障害の83%が天気・天候と躁状態・うつ状態の関係性を感じている そして私に起きているこの現[...]
双極性障害(躁うつ病)

双極性障害の躁状態、うつ状態、混合状態についての当事者目線による考察

今回は双極性障害の躁状態、うつ状態、混合状態について当事者の個人的体験を絡め一度書いておきたいと思い執筆することとしました。 双極性障害の躁状態、うつ状態、混合状態について当事者の個人的体験を絡めて考察 私自身双極性障害だと発覚しいろいろと調べたのですがやはりあまり情報量が多くなく特に当事者によ[...]
双極性障害(躁うつ病)

双極性障害(躁うつ病)についてのアスペルガーASD的考察

今回は精神障害である双極性障害(躁うつ病)についてアスペルガー的に考察をしていこうと思います。 なぜ双極性障害(躁うつ病)について考察するのか Twitterの方ではツイートをしたのですが私は自分が「アスペルガー+うつ病」だと思っていたのですが「アスペルガー+双極性障害」であると発覚し、診断され[...]
タイトルとURLをコピーしました