2018-07

受動型アスペルガーASD

受動型アスペルガー症候群(ASD)に起きやすいトラブルとその原因についての考察

今回の記事では受動型アスペルガー症候群(ASD)について考察することにしました(このページが一番読まれていてまた昔の知識より2019年6月26日現在のほうが理解も深まったので修正執筆することにしました)。 私の友人に女性で受動型ASDの傾向がある人がいて、その人に起きるトラブルについて相談に乗るこ[...]
アスペルガーASD全般

アスペルガー症候群(ASD)の合理主義的思考癖とうつ病の関係についての考察

今回はアスペルガー症候群(ASD)の合理主義的思考癖とうつ病の関係について考察していこうと思います。 アスペルガー症候群とうつ病について アスペルガー症候群はうつ病が併発しやすいと言われています。 発達障害の二次障害としてのうつ病 ADHD(注意・多動性障害)、アスペルガー症候群や広汎性[...]
双極性障害(躁うつ病)

抗うつ薬服用中のアスペルガー症候群(ASD)が一日薬を飲み忘れるとどのような変化が起きたか

今回は意図せず抗うつ薬を一日飲み忘れてしまいその時に起きた変化をせっかくなので後々考察材料に使えるかもと思い書き起こしておくことにします。 この記事単体ではそこまで意味のあるものではないかもとは思うのですが、せっかくの珍しい機会なのでまとめておくことで後々の考察の役に立つかもしれないと思い記事にし[...]
双極性障害(躁うつ病)

抗うつ薬と睡眠薬の服用でアスペルガー症候群(ASD)の症状に起きた変化についてのまとめと考察

今回の記事では私が抗うつ薬と睡眠薬を服用するようになって起きた変化をまとめたいと思います。 私は自分自身を研究対象として孤立型アスペルガー症候群の解明をしようと試みているので薬を服用し始め二ヶ月の今のうちに何が変化したかをまとめておかないとわからなくなってしまう可能性があるのでまとめなければと思い[...]
アスペルガーASD全般

アスペルガー症候群(ASD)とADHDについて左脳と右脳の機能から考察する仮説

前回の記事ではアスペルガー症候群(ASD)は左脳の機能が優位すぎるまたは右脳の機能が不活性状態であるという仮説を唱えました。 今回は更に対象を広げてADHDに関しても考察していこうと思います。 アスペルガー症候群(ASD)とADHDの違いについて ちなみに私自身はADHDに当てはまる要素は普通[...]
アスペルガーASD全般

アスペルガー症候群(ASD)の原因と対処法に関する個人的考察2ー脳機能障害説とスピリチュアル的考察

アスペルガー症候群の症状は脳内物質の問題から起きていることは正しいと思われるが、ではなぜ脳内物質に問題が起きるかの原因は説明ができないので脳内物質説では根本的なところは解明されないままだと言う話でした。 次に脳機能障害説を考察していこうと思います。
アスペルガーASD全般

アスペルガー症候群(ASD)の原因と対処法に関する個人的考察1ー脳内物質説

まず第一に言わなければならいのはアスペルガー症候群には脳に何かしらの問題が起きているということは確かのようです。 これに関しては科学的医学的なデータもたくさんあるようなのでとりあえず正しい情報であると言えるでしょう。 そこでアスペルガー症候群の原因として考えられる脳の問題として主に2つの説が出てくることがわかりました。
タイトルとURLをコピーしました