科学的考察

アスペルガーASD全般

アスペルガーASDはなぜ誰も笑わないのにオヤジギャグ・ダジャレを言うのか脳科学的に考察

アスペルガーASDにはオヤジギャグ・ダジャレが好きだという人が多い傾向があるように思われます。 そのことを私なりに脳科学的アプローチから考察していこうと思います。 実はこの話題は一年ほど前に軽くツイートした際に反応が意外と多かったので改めて記事にしてみようと思いました。 アスペルガーASDは極[...]
積極奇異型アスペルガーASD

大人の孤立型アスペルガー症候群ASDとは何か?特徴や性格などを考察

前回の受動型アスペルガーASDの記事に引き続き次は孤立型アスペルガーASDの特徴を考察していきます。 本サイトへ来る方の検索キーワードでも受動型の次に孤立型が多いのでやはり孤立型の情報も需要があるように感じ執筆することにしました。 子どもの孤立型アスペルガーASDの記事は多いのに大人の孤立型の記[...]
受動型アスペルガーASD

大人の受動型アスペルガー症候群ASDとは何か?特徴や性格などを考察

大人の受動型アスペルガー症候群ASDについての考察、解説をしていこうと思います。 なぜ大人の受動型アスペルガーについて書こうかと思ったかというと検索エンジンからこのサイトへ来てくださる方の検索キーワード1位が受動型アスペルガーであり、需要があると感じまた子どもの受動型の情報に比べ大人の受動型の情報[...]
双極性障害(躁うつ病)

双極性障害(躁うつ病)についてのアスペルガーASD的考察

今回は精神障害である双極性障害(躁うつ病)についてアスペルガー的に考察をしていこうと思います。 なぜ双極性障害(躁うつ病)について考察するのか Twitterの方ではツイートをしたのですが私は自分が「アスペルガー+うつ病」だと思っていたのですが「アスペルガー+双極性障害」であると発覚し、診断され[...]
双極性障害(躁うつ病)

アスペルガー症候群・ASDと冬季うつ病についての考察

今回はアスペルガー症候群ASDと冬季うつ病の関係性について考察していきたいと思います。 アスペルガー症候群ASDと冬季うつ病について考え始めた理由 今回はアスペルガー症候群と冬季うつ病について書いてみようと思います。 なぜ冬季うつ病について書こうと思ったかと言うと、昨年の10月頃から今年の4月[...]
アスペルガーASD全般

なぜ同じアスペルガーASDでも真逆の種類、タイプが存在するかの考察と新分類法の提唱

なぜ同じアスペルガーASD(自閉症スペクトラム)でも真逆のタイプが存在するか 今回はなぜ同じアスペルガーASD(自閉症スペクトラム)でも真逆のタイプが存在するかの考察と私なりの新分類法の提唱をしてみようと思います。 まず脳の専門医加藤俊徳さんによると脳の感情を司る扁桃体は未発達だと普通より敏感に[...]
アスペルガーASD全般

アスペルガー症候群(ASD)の原因は右脳の扁桃体(感情分野)が未発達説

しばらく更新をしていませんでしたがその間に非常に興味深い本を二冊読んでいて今回の記事ではそのことをまとめて考察をしたいと思います。 脳医学者のMRIによるアスペルガー症候群(ASD)の客観的分析 まずはじめにどのような本なのかを紹介をしておきます。 どちらも脳の専門医の加藤俊徳さんの著書で右脳[...]
アスペルガーASD全般

アスペルガー症候群(ASD)の合理主義的思考癖とうつ病の関係についての考察

今回はアスペルガー症候群(ASD)の合理主義的思考癖とうつ病の関係について考察していこうと思います。 アスペルガー症候群とうつ病について アスペルガー症候群はうつ病が併発しやすいと言われています。 発達障害の二次障害としてのうつ病 ADHD(注意・多動性障害)、アスペルガー症候群や広汎性[...]
アスペルガーASD全般

アスペルガー症候群(ASD)とADHDについて左脳と右脳の機能から考察する仮説

前回の記事ではアスペルガー症候群(ASD)は左脳の機能が優位すぎるまたは右脳の機能が不活性状態であるという仮説を唱えました。 今回は更に対象を広げてADHDに関しても考察していこうと思います。 アスペルガー症候群(ASD)とADHDの違いについて ちなみに私自身はADHDに当てはまる要素は普通[...]
アスペルガーASD全般

アスペルガー症候群(ASD)の原因と対処法に関する考察2ー脳機能障害説とスピリチュアル的考察

前回の記事ではアスペルガー症候群の原因について脳内物質説から考察をしました。 そしてその結論をもう一度まとめておくとアスペルガー症候群の症状は脳内物質の問題から起きていることは正しいと思われるが、ではなぜ脳内物質に問題が起きるかの原因は説明ができないので脳内物質説では根本的なところは解明されな[...]
タイトルとURLをコピーしました