右脳左脳理論

発達障害・精神障害の生き方を模索する

「アスペルガー=空気が読めない」は間違い!?アスペルガーの特徴分類解説書: 空気が読めないアスペルガーは全体の一部に過ぎなかった!?出版のお知らせ

「アスペルガー=空気が読めない」は間違い!?アスペルガーの特徴分類解説書: 空気が読めないアスペルガーは全体の一部に過ぎなかった!?出版のお知らせ 「アスペルガー=空気が読めない」は間違い!?アスペルガーの特徴分類解説書という本(といっても約50ページの小冊子のようなものですが)を出版したのでお知[...]
発達障害・精神障害の生き方を模索する

歌下手音痴が音感トレーニング後に「ライオン」アカペラで歌ってみた

歌下手音痴は右脳を使えば改善する!脳科学的右脳音感トレーニングメソッド 歌下手音痴で悩んでる方へ 音痴の原因は脳にあった!?脳科学的に音痴を考察 私の右脳音感トレーニングメソッド開発秘話と他のボイストレーニングメソッドとの明らかな違い 右脳音感トレーニングメソッドの実際の成果 [...]
アスペルガーASD全般

アスペルガー症候群ASDの特徴は極端な男性脳(オヤジ脳)説

今までもいくつか出てきたアスペルガーASDは極端な男性脳説という右脳左脳理論ですが、今回は極端な男性脳つまりアスペルガーはオヤジ脳であるという観点から話していきたいと思います。 アスペルガー症候群ASDの特徴は極端な男性脳つまりオヤジ脳 以前も少し書いたことがあるのですがアスペルガーはオヤジギャ[...]
発達障害・精神障害の生き方を模索する

歌下手音痴は右脳を使えば改善する!脳科学的トレーニングメソッド|甲賀忍法帖&真赤な誓い編

歌下手音痴は右脳を使えば改善する!脳科学的トレーニングメソッド|甲賀忍法帖&真赤な誓い編 歌下手音痴は右脳を使えば改善する!脳科学的トレーニングメソッドで音感トレーニングをした後に甲賀忍法帖と真っ赤な誓いをアカペラで歌ってみた動画です(念の為著作権関係が怖いので埋め込みはせずに直リンクにしました)[...]
アスペルガーASD全般

アスペルガー症候群ASDには音痴が多い?アスペルガーと音痴についての考察

前回の記事が音痴に関しての考察だったので次は音痴に関する考察としていこうと思います。 音痴とアスペルガー症候群ASDになんの関係が? 上記のようにお思いの方もいると思いますが、運動音痴同様音痴もアスペルガーとの関係は密接にあると私は考えています。 音痴は基本的に自分の声と音楽の旋律とのハーモニ[...]
アスペルガーASD全般

発達障害・アスペルガー症候群・ASDには運動音痴が多い?発達性協調運動障害について考察

今回もツイートしたところ多くの反応があったことについてのまとめと考察をして行こうと思います。 発達障害・アスペルガー症候群・ASDと運動音痴について 発端のツイートは下のものになります。 参照元はこちらになります。 アスペルガー症候群ASDには運動音痴が多い? TwitterのRTやリ[...]
発達障害・精神障害の生き方を模索する

歌下手音痴は右脳を使えば改善する!脳科学的右脳音感トレーニングメソッド販売開始

歌下手音痴は右脳を使えば改善する!脳科学的右脳音感トレーニングメソッドという商品を販売することになりました。 音痴とアスペルガーになんの関係が? 音痴とアスペルガーになんの関係が?と思われる方もいると思いますが音痴とアスペルガーは深い関係があると言えます。 左脳の単一低速処理回路が優位で右脳の[...]
アスペルガーASD全般

アスペルガーASDはなぜ誰も笑わないのにオヤジギャグ・ダジャレを言うのか脳科学的に考察

アスペルガーASDにはオヤジギャグ・ダジャレが好きだという人が多い傾向があるように思われます。 そのことを私なりに脳科学的アプローチから考察していこうと思います。 実はこの話題は一年ほど前に軽くツイートした際に反応が意外と多かったので改めて記事にしてみようと思いました。 アスペルガーASDは極[...]
アスペルガーASD全般

アスペルガー症候群(ASD)の原因は右脳の扁桃体(感情分野)が未発達説

しばらく更新をしていませんでしたがその間に非常に興味深い本を二冊読んでいて今回の記事ではそのことをまとめて考察をしたいと思います。 脳医学者のMRIによるアスペルガー症候群(ASD)の客観的分析 まずはじめにどのような本なのかを紹介をしておきます。 どちらも脳の専門医の加藤俊徳さんの著書で右脳[...]
アスペルガーASD全般

アスペルガー症候群(ASD)の合理主義的思考癖とうつ病の関係についての考察

今回はアスペルガー症候群(ASD)の合理主義的思考癖とうつ病の関係について考察していこうと思います。 アスペルガー症候群とうつ病について アスペルガー症候群はうつ病が併発しやすいと言われています。 発達障害の二次障害としてのうつ病 ADHD(注意・多動性障害)、アスペルガー症候群や広汎性[...]
タイトルとURLをコピーしました