障害者の就職・転職【dodaチャレンジ】について紹介

発達障害全般
こんにちは、双極性障害持ちアスペルガー研究家マスペル(@Aspergers_Gate)です。

障害者の就職・転職【dodaチャレンジ】について今回は紹介していきます。

dodaといえば有名でよくCMなども目に入ってきますね。

そのdodaの障害者枠線症の部門がdodaチャレンジのようです。

dodaチャレンジについて

まずはdodaチャレンジについての紹介をしていきます。

◆ポイント◆
dodaチャレンジは、dodaブランドの中の障がい者向けに特化した転職支援サービスです。
大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人ラインナップをご用意しています。
障がいの種類(身体・精神・知的)も幅広くサポート。
転職成功への第一歩は、専任のキャリアアドバイザーによるカウンセリング(面談)にあります。
お一人おひとりの状況に合わせた転職活動をサポートいたします。

◆ターゲットユーザー◆
障害者手帳をお持ちで就職・転職をお考えの方。

参照:dodaチャレンジ

説明は他の障害者就労向けのものと比べると簡素なものでした。

ある意味すでに知名度があり地位を確立しているので細々と書く必要がないということかもしれません。

dodaチャレンジについての詳細

他の障害者向けの就労・転職サービスは通いながらスキルを磨いていくというものが多いですが、dodaチャレンジの場合はすでに持っているスキルで障害者枠での転職・就労をするもののようでそこが他のサービスとの大きな違いに見えます。

障がい内容や程度、必要な配慮事項、希望する働き方等は一人ひとり異なります。
そのため、職種や求めるスキルを限定して募集するのではなく、今までのあなたのご経験やスキル、ご希望や障がい状況に合わせてポジションを探しながら選考をしていくスタイルの求人をオープンポジションといいます。
「dodaチャレンジ」では、カウンセリングを通じて、あなたにベストマッチの求人をご紹介していきます。

参照:dodaチャレンジ

このようにすでに持ってるスキルで転職をするというのがdodaチャレンジの方針のようです。

ですのでスキルに自信がない、働くこと自体に不安があるという方は他のサービスを使ったほうが良いでしょう。

逆にすでにスキルが合って仕事自体には大きな不安はないが、一般の人ほど働くことは難しいという人はdodaチャレンジで自分のスキルに合った職種を障害者枠で転職するという使い方が良いと思われます。

dodaチャレンジの特色

Point 1:大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人ラインナップ!
経験・専門性を活かして年収アップ!
語学を活かして外資系にチャレンジ
フルタイム勤務ではなく時短からのスタート
障がいの種類(身体・精神・知的)も幅広くサポート。
ラインナップの豊富さが、転職成功の可能性を高めます。
大手・優良企業での正社員採用
通勤配慮でエリア限定の求人
障がい者採用実績の多い企業の求人

Point 2:オープンポジション求人によるあなたに合った転職支援
オープンポジション求人による転職成功の秘訣は、専任のキャリアアドバイザーによるカウンセリングにあります。カウンセリングでは、現状やご希望を丁寧にヒアリングすることから始まり、あなたのキャリアプランニングのお手伝いを行っていきます。

そして企業に対しては、あなたの今までのご経験やスキル、ご希望や障がい配慮などをもとに、活躍できる働き方を提案することによって、あなたのためのポジションで選考を進めることができるのです。それがオープンポジション求人であり、転職成功の可能性を高めます。

転職時期や希望条件がまだはっきりしていなくても、まずはご相談いただくことがスタートになります。

Point 3:サイトには公開されていない「非公開求人」が80~90%
応募が殺到するような人気の求人
採用時期が限定されている求人
会員限定の非公開合同面接会と連動した求人
など、さまざまな種類の求人をご紹介しています。

Point 4:障がい者雇用に精通した運営会社の安心感
パーソルチャレンジは、dodaブランドの中の障がい者向けに特化した人材紹介サービス「dodaチャレンジ」を運営しているとともに、パーソルグループ(旧テンプグループ)の中で採用・職域開発・労務管理・定着支援まで、障がい者雇用に関するサービスを提供している会社です。

また、社員のうち65%が障害者手帳を保持し活躍してているため、障がい者雇用に関する経験・ノウハウが豊富で企業への提案力へと繋がっています。

参照:dodaチャレンジ

やはりすでに持っているスキルを障害者枠で活かしたいという人がdodaチャレンジに適していると言えます。

dodaチャレンジについて最後に

すでにスキルを持っていてそれを生かして障害者枠で無理なく働きたいという方にはdodaチャレンジはぴったりなのではないかと思います。

逆にスキルがないという方は他の就労支援サービスを使ったほうが良いと思えます。

dodaチャレンジに興味を持った方は↓の画像から移動できるので是非ご覧になってみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました