孤立型アスペルガー症候群研究所 ASPERGERS;GATE

うつ病がきっかけで孤立型アスペルガー症候群だと発覚した私マスペルがアスペルガー症候群について研究、考察、解明を試みる研究所です。発達障害、自閉症スペクトラム障害(ASD)、アスペルガー症候群の中でも情報の少ない孤立型ASDについて(積極奇異型、受動型についても)当事者目線で情報を発信しています。

研究・考察 孤立型アスペルガー症候群(ASD) 自己人体実験 科学的考察 抗うつ薬 私について

抗うつ薬と睡眠薬の服用でアスペルガー症候群(ASD)の症状に起きた変化についてのまとめと考察

投稿日:2018年7月11日 更新日:

今回の記事では私が抗うつ薬と睡眠薬を服用するようになって起きた変化をまとめたいと思います。

私は自分自身を研究対象として孤立型アスペルガー症候群の解明をしようと試みているので薬を服用し始め二ヶ月の今のうちに何が変化したかをまとめておかないとわからなくなってしまう可能性があるのでまとめなければと思い至り本記事を書くこととしました。

私が服用している薬について

まず私が服用している薬についてですが

  • 抗うつ薬はSSRIのセルトラリン(一般的にはジェイゾロフトという名前で使用されています)
  • 睡眠薬は睡眠導入剤としてゾルピデム酒石酸塩錠(マイスリー)とエスタゾラム錠(ユーロジン)
  • 睡眠が浅く短かったのでそれに対してオランザピン細粒(ジプレキサ)

薬を服用することで私のアスペルガー症候群の症状に起きた変化

これらを服用することで私のアスペルガー症候群に関係すると思われる症状に起きた変化をまとめていきます。

  • 食べ物の偏食が変化
  • アルコールに対する欲求が消えた
  • 独り言が多くなった
  • 他人と以前より多く関わろうと思うようになった
  • 外出が増え行動的になった
  • 水道水のカルキの臭いが気にならなくなった
  • 耳鳴りが鳴ってもあまり気にならなくなった
  • 髭が伸びても気にならなくなった
  • 夢を見なくなった

次はこれらに対してそれぞれ考察をしていきたいと思います。

飲食物・食欲の変化

  • 食べ物の偏食が変化
  • アルコールに対する欲求が消えた

この2つに関しては以前軽く触れたことがあるのですが詳しく考察していきます。

抗うつ薬と睡眠薬を服用することにより変化が出たことから脳内物質の変化によりこの現象が起きたと考えられます。

抗うつ薬特にSSRIのセルトラリンの効果は脳内のセロトニン量を増加させる機能があります。

ジェイゾロフト(一般名:セルトラリン)は、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類される抗うつ剤になります。

セロトニンの働きを高める作用のあるお薬で、

  • セロトニン:不安や落ち込み

といった精神症状の改善に効果が期待できます。

元住吉こころみクリニックージェイゾロフト(セルトラリン)とは?より引用

アスペルガー症候群はセロトニンの量が不足しがちでありそれを補おうとして特定の食べ物をたくさん食べるという現象が起きていたのではないかと感じます。

具体例だと私の場合ほぼ毎日といっていいレベルで納豆と海苔を一緒に食べていたのですが

納豆の中にはトリプトファンというセロトニンの材料となる物質があり、海苔の中にはビタミンB6が入っていてトリプトファンと合わさるとメラトニンという睡眠を誘発する物質を生成するということをつい先日テレビで見て自分が偏食していたのは不眠解消のためだったのかと驚きました。

寝つきを良くするには納豆と焼きのり

納豆に含まれているトリプトファンという成分には、ビタミンB6と結びついてメラトニンという眠りを促す成分に変わる性質があります。

ビタミンB6を多く含む食材は焼きのりです、番組内の実験ではキムチに納豆だと寝付くのに約40分も必要でしたが、納豆に焼きのりだとおよそ10分で寝付くことが出来ました。

時短生活のススメーこの差って何ですか?オクラは食べるだけで痩せる?ネバネバ食材の正しい食べ方!より引用

またアスペルガー症候群はセロトニン不足などからアルコールやタバコ、カフェインなどに依存しやすいという傾向がありアルコールへの欲求が消えたのもこのせいだと思われます。

しかしこちらの場合は先程とは違い脳内物質の不足を補えていなく依存性のある物質でごまかしているに過ぎません。

つまりアスペルガー症候群の偏食は2パターンの可能性があると考えられます。

  • 不足している脳内物質を補おうと必要な栄養素を取り入れるために特定の物を偏食している
  • 不足している脳内物質を補おうと依存性のある物質を取り入れることで麻痺させごまかしている

行動面の変化

次は以下のことを考察します。

  • 独り言が多くなった
  • 他人と以前より多く関わろうと思うようになった
  • 外出が増え行動的になった

これは単純にセロトニンの増加による抑うつ的な状態の改善ということも出来ると思いますが、前回の記事の左脳は理性によって右脳の感情や欲求を抑えているという話から考えると、左脳の機能が弱まり感情や欲求が表面に出やすくなったという考え方もできそうです。

感覚の変化

次は以下について考察します。

  • 水道水のカルキの臭いが気にならなくなった
  • 耳鳴りが鳴ってもあまり気にならなくなった
  • 髭が伸びても気にならなくなった

これらはアスペルガーによくある感覚過敏が治まったのだと言えると思います。

  • 水道水のカルキ臭という嗅覚過敏
  • 耳鳴りが気になるという聴覚過敏
  • 髭が伸びるとチクチクして気になるという触覚過敏

これらが改善されたのだと思います。

ただなぜ改善したのかは今の私の知識ではなんとも言えません。

おそらくは過剰な左脳の機能が治まったことと関係があるとは思うのですがこれ以上は憶測の域を出ないので今はここまでにとどめておきます。

睡眠の質の変化

最後の考察になります

  • 夢を見なくなった

これについてはアスペルガーと直接関係あるかはなんとも言えないのですがアスペルガーに起きやすい不眠症との関係があるのではないかと考えています。

私はオランザピン細粒を飲むまでは眠り自体も浅く、夢を見て目が覚めてしまい、また寝るもすぐ夢を見て目が覚めを何度も繰り返すほどに夢をたくさん見て頭が全然休まりませんでした。

特に悪夢が多く自分の身に何かが起きるような夢が多かったです。

担当医の先生曰く、オランザピンで脳の前頭葉の過剰な働きを抑制させることできちんと休ませることが出来るということらしいです。

最後に

基本的にはどの変化もセロトニン量の増加と左脳の過剰な働きの抑制の影響から起きているものと思われます。

-研究・考察, 孤立型アスペルガー症候群(ASD), 自己人体実験, 科学的考察, 抗うつ薬, 私について
-, , , ,

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アスペルガー症候群(ASD)の原因は右脳の扁桃体(感情分野)が未発達説

しばらく更新をしていませんでしたがその間に非常に興味深い本を二冊読んでいて今回の記事ではそのことをまとめて考察をしたいと思います。 脳医学者のMRIによるアスペルガー症候群(ASD)の客観的分析 まず …

孤立型アスペルガー症候群についての個人的見解の概論ー社会性の障害

孤立型アスペルガー症候群とは何か? ここではまず孤立型アスペルガー症候群とは何かということを概論的に私なりに分析、考察、説明をしたいと思います。 普通のアスペルガー症候群についてのサイトではなく孤立型 …

アスペルガー症候群(ASD)の原因と対処法に関する個人的考察2ー脳機能障害説とスピリチュアル的考察

前回の記事ではアスペルガー症候群の原因について脳内物質説から考察をしました。 そしてその結論をもう一度まとめておくとアスペルガー症候群の症状は脳内物質の問題から起きていることは正しいと思われるが、では …

孤立型アスペルガー症候群の簡単な説明と解説

前回の記事で孤立型アスペルガー症候群について簡単にまとめるつもりだったのですが書いているうちに長くなってしまったのでこちらの記事で改めて簡単にまとめて説明しようと思います。(子細な部分に集中してしまい …

孤立型アスペルガー症候群は何を考えてるのか?なぜ非常識で社会不適合者なのか?

まず孤立型アスペルガー症候群の前にアスペルガー症候群全般の特徴の説明から始めます。 発達障害当事者であり発達障害カウンセラーとして活動されている吉濱ツトムさんによると 要するに、アスペルガーというのは …

孤立型アスペルガー症候群研究所研究員マスペルです。

不安障害やうつ病など生きづらさを抱え続けてきた私ですが、自分が孤立型アスペルガー症候群だということがわかってからあらゆることに納得できるようになりました。

私も当事者として勉強中の身ですが自分自身をある意味孤立型アスペルガー症候群の研究対象・実験対象として当事者だからこそ出来る目線で自分なりに研究、分析、考察していこうと思っています。

2018年4月 発達障害の疑いが出る
2018年5月 医療機関へ行き投薬治療を開始
2018年6月 孤立型アスペルガー症候群研究所設立
詳細プロフィール
ツイッターもやっていますので気軽にご意見ご感想など送ってください