自己紹介・当サイトについて

Twitterの自己紹介欄では文字数が足りないのでこちらで補足をしていこうと思います。

簡略自己紹介

うつ病で通院し孤立型アスペルガーと双極性障害が発覚した当事者が科学的・メンタル的・スピリチュアル的に発達障害、自閉症スペクトラムASD(孤立型・積極奇異型・受動型)、ADHD、うつ病、双極性障害、統合失調症、HSP、インディゴチルドレン等を個人で研究や考察し情報発信してます。ASD視点から社会批評もしてます。

活動内容

本サイト孤立型アスペルガー症候群研究所運営

アスペルガー研究家マスペルTwitter

アスペルガーASDについてのお話をお聞きします アスペルガー当事者がASDの悩みや相談についてお聞きします | ココナラ[coconala]

アスペルガーツイッターアカウントで広告・アンケートを請け負います

歌下手音痴は右脳を使えば改善する!脳科学的右脳音感トレーニング

肩こり腰痛は自分で改善可能! 自己流マッサージ・ストレッチメソッド

発達障害(アスペルガーASD・ADHD)精神障害(うつ病・双極性障害・統合失調症)の就労・仕事を考える

発達障害(アスペルガーASD・ADHD)精神障害(うつ病・双極性障害・統合失調症)向けサプリメントやカウンセリングを紹介

犬猫動物動画で癒やされたい!@Animasper

私のアスペルガー症候群・双極性障害発覚以前の病歴

私はアスペルガー症候群であるとわかる前にいくつかの不安障害やうつ病などを経験してきました。

高校生の時に過敏性腸症候群という緊張で腹痛や下痢を起こすというものに罹ったのが初めての症状でした。

腹痛が起きても授業中にトイレに行くのが恥ずかしいという思いがさらに腹痛になることへの不安になり増幅する負のループでした。

大学生の時には就職活動が始まる頃からうつ病(この当時はうつ病だと思っていましたが後に双極性障害だと発覚します)の症状がどんどん出てきました。

社会への適合ということが私にはとても難しく不安を覚えるものだったのでうつ病の症状がで始めました(とても自分がこの堅苦しく機械的な社会に適合できる気がしなくてどんどんとうつ状態が強くなりました)。

また就職活動が自分を偽って虚飾し自分には価値があるんですアピールをし合う異様な競争の場に思えてアスペルガーで馬鹿正直の自己否定的な私には余計に普通の人がやっていることができる気がしませんでした。

満員電車という閉鎖的な空間にいるストレスからパニック発作を起こしたこともありました。

通院と抗うつ薬の投薬で大学はなんとか卒業したものの就職は不安やうつ状態からすることができずアルバイトをしたりしていたのですが、そのうちに病院に行くことをやめてしまいさらにうつ状態が悪化しまともに生活も出来ないレベルになり希死念慮に囚われ何もできなくなってしまいました。

そのことを親に話した所

「とりあえず実家に戻ってきたらどうか」

と言われそうすることにしました。

その後実家でも重度のうつ状態でひたすら死にたいという思いに囚われ自殺直前の苦しい時期を過ごしました。

そこで親に病院に行くように勧められ再び抗うつ薬を服用することとなりました。

その後うつ病は回復はし抗うつ薬も飲まなくてもうつ状態にはならなくなり勝手に通院もやめてしまいました(後にこの時はうつ病ではなく双極性障害のうつ状態から躁状態へ変わった状態であったことが発覚)。

しかしやはり社会への適合への不安は大きく何も出来ない時期をしばらく過ごしていました。

アスペルガー症候群(ASD)の発覚

そのような状態が数年続いて20代も後半になって初めて発達障害ではないかという疑いが出ました。

私の母親が病院に通院していてその際に先生に「うちの家系にはADHDっぽい人が多い」ということを話したことがきっかけで、私にも発達障害の可能性があるのではないかという話になりました。

その話を聞き自分で調べてみたところADHDには当てはまらないなと思い、次はアスペルガー症候群(ASD)について調べることにしました。

それまではアスペルガー症候群の存在は知っていましたが自分がそうであるとは考えたことはありませんでした。

確かにアスペルガー症候群の特徴に当てはまる部分はあると思ったことは以前からあったのですが、アスペルガー症候群といえば不自然なコミュニケーションで空気の読めないものだと思っていたので、私にはそういう部分は当てはまらないなと思い自分はアスペルガー症候群ではないと思っていました。

ですが詳しく調べるとアスペルガー症候群には積極奇異型以外にも受動型と孤立型があり、私は孤立型に当てはまるということがやっとわかりました。

それまでの人生で様々な悩みや不安障害、うつ病などを経験してきて、それは自分の精神的、人格的な問題だと思って生きてきましたが、あまりにも孤立型アスペルガー症候群の症状が自分に多く当てはまるので

「それまでは自分に起きる問題は自分の精神的、人格的問題だと思って生きてきたけど、それは脳の障害だから仕方なかったんだ」

と思うとある意味肩の荷が下りたような気がしました。

そして自分が孤立型アスペルガー症候群であると確信したので現在は投薬治療と左右の脳の使い方を調整するという方法をメインに療養をしています。

孤立型アスペルガー症候群(ASD)発覚後の活動

私は自分がアスペルガー症候群のことを調べた際に孤立型アスペルガー症候群の情報があまりに少なく認知度が低いと思ったので、当事者目線で語れる私の情報が誰かの役に立つのではないかと思い本サイト孤立型アスペルガー症候群研究所を立ち上げることにしました。

設立当初は孤立型アスペルガー症候群についてのサイトにするつもりでしたが今では積極奇異型、受動型も含めたアスペルガー症候群全般についても考察しています。

これらのタイプは一人の人生の中でも入れ替わることがあるようなので一つのものと捉えたほうがいいと考えるようになったからです。

アスペルガーで再通院とこのサイトを運営し始めてちょうど一年経った頃に冬の間はうつ状態だったのに春になって突然気分が良くなってきたので冬季うつ病ではないかと思い調べている内にやっと自分は双極性障害なのではないかと気づき主治医に春になってから最近躁状態っぽいということを話し、双極性障害であるとやっと診断されました(うつ病だと思っていたが双極性障害だと発覚するのに平均約7~8年と言われている中、私は心療内科で抗うつ薬を使い始めて10年目にしてやっと発覚しました)。

私の場合も双極性障害(躁うつ病)のうつ状態では孤立型アスペルガーになり、躁状態では積極奇異型アスペルガーの要素が強く出てくるように感じます。

アスペルガー症候群といえば不自然なコミュニュケーションで空気の読めないものだと私は思っていたので、自分がアスペルガー症候群であると気づくことが出来ずにずっと生きてきました。

その経験から少しでも孤立型アスペルガー症候群の認知度や症状の解明に貢献できないかと思い本サイトを運営しています。

またうつ病ではなく双極性障害であることも発覚し、アスペルガーだけでなく双極性障害もあまり認知度が高くないので自分で学びながら考察し情報発信をしていこうと思います。

特に「アスペルガー=空気の読めない」積極奇異型という認識を変えたいと思っています。

アスペルガーには空気を読めなすぎるタイプと空気を読みすぎるタイプがいることをもっと啓蒙していきたいです。

さらにうつ病だと思っていたが本当は双極性障害であったという人がうつ病で通院していた人の16%に当てはまるというデータもあるので、双極性障害なのにうつ病と誤診されている人も多いと思うので双極性障害の啓蒙をしたいとも思っています。

タイトルとURLをコピーしました